フケ症の悩みの記事一覧:悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ

フケ症対策は頭を触らない事です

今まで、フケ症に悩みやコンプレックスを抱える皆さんにフケ症の原因から予防法まで色々と書いてきましたね(^^ゞ

今回からは、フケ症対策について書いてみようと思います。

予防法とダブる部分もあるかとは思いますが、まぁ大目に見てください(^^ゞ

皆さんはフケ症対策と聞いて何を思い浮かべるでしょうか?

やはりフケ症対策で一番は「頭を触らない事」です。

頭を触らないと言っても全く触るなという事では無いですよ(^^ゞ

フケ症の人はフケを気にしたり痒みからか、必要以上に頭を触ってしまいます。

これを抑えるという事です。

フケ症の原因でもご紹介した皮脂の過剰分泌。

これが酷くなるとフケが頭皮に固まった状態になり痒みも発生します、それを掻いてしまうんです。

酷い人になると爪で皮脂を剥がしてしまって血が出てしまう事もあります。

そうなると、血と皮脂が混ざり合って菌が繁殖してしまいます。

当然、フケ症も悪化という事です(>_<)

掻きたい気持ちは分かります。

でも、我慢です!

フケ症を治すためには対策は大事です。

徹底してやって行きましょうね(^^♪

タグ

フケ症予防にストレス発散

フケ症に悩みやコンプレックスを抱える方へ、フケ症予防として、洗髪の重要性と生活習慣の見直しについて今までご紹介しました。

今回は、これも重要な予防法になるでしょう!

ストレス発散」について書いてみようと思います。

フケ症の原因と言われる一つにストレスもあります。

現代の生活では色々な所で取り上げられる「ストレス」ですが、生活していく中で避けては通れないものになっています。

自分では全く気付かないで「ストレスなんて無い」と言っている人も少なからず何らかのストレスを感じています。

ここでフケ症予防としてストレスを全く無しにする事は難しいと思います。

しかし、ストレスを軽減させるという事が大事なのです。

趣味がある人なら、それほど問題はないでしょう。

趣味を楽しむ事によってストレスも軽減されるでしょう!

しかし、無趣味の人は少なく無いですよね、そんな方はストレス発散を意識して行う事も必要では無いでしょうか?

何をやったらいいのかわからない人にはランニングなどオススメですよ。

トレーニングでは無いですからそんなに早く走る必要もありません。

自分の出来る範囲で楽しむ事ができたらいいですね。

あと、睡眠も大事です。

人間はやはり睡眠により体力回復だけでなく、精神も休ませる事ができます。

やはり、運動と睡眠がストレスには最も効果があるようです。

さぁ皆さんもストレスを発散させて、フケ症予防始めましょう!

タグ

フケ症予防に生活習慣の見直しを

前回まで、フケ症に悩みやコンプレックスを抱える皆さんの予防策として洗髪の重要性と方法について書いてきました。

以前、ご紹介したフケ症の原因で最も大きなものである「生活習慣

フケ症を予防する為にも生活習慣の見直しは大きな効果が得られます。

しかし、皆さんもご存知の通り、永年自分でリズムを作って習慣としてしまっているものを今すぐ短期間で改善する事は難しいですね。

しかし、フケ症を治療、予防するためには必要ですので、何とか頑張って達成していきましょう!

フケ症に悩まない明日を夢見て、苦しくなったら常にフケ症の辛さを思い出したりする事も良いと思います。

では、生活習慣の見直しとは具体的に何をやれば良いのでしょうか?

一番メインの事はやはり食生活の見直しです。

フケ症予防としては
油分をなるべく抑える。
ビタミンBを豊富に摂る。
の2つがポイントです。

フケ症の原因である皮脂は当然脂肪が分泌されているわけですから、体内に余分な脂肪があるという事は、皮脂の過剰分泌に繋がりますよね。

また、ストレスもフケ症の原因になることからビタミンBを多く摂ると良いと言われています。

ビタミンB不足はストレスを貯める要因になると言われていますから。

生活が荒れていれば、ストレスが溜まり、身体に余計な負荷が掛かり、体調も悪くなり、栄養が偏り、回復が遅くなり、当然ながら全身に悪影響を及ぼします。

とかく、頭というのは生活習慣の乱れに敏感な部位なので、この生活習慣の乱れというのはフケ症の大きな要因と言われています。

よって、ここを改善しない事には、例えどれだけ頭皮をケアしたとしても、フケ症を予防する事は困難でしょう

タグ

フケ症予防の洗髪も洗いすぎには注意です

フケ症の予防として洗髪が一番効果的だという事は既にご紹介しましたね。

そして注意点も・・・

そんな中、フケ症に悩みやコンプレックスを抱えているという人たちは、洗髪の回数を多くしがちです。

もちろん気持ちはわかります。

予防には洗髪が第一と聞いて、少しでも早く治したいという気持ちから洗髪を多めにやってしまうのでしょう!

しかし、洗いすぎには注意が必要です。

フケ症の人は朝頭を洗った場合でも夜にはフケが出てきてしまいます。

しかし、洗髪の方法が悪いからとは一概には言えません。

フケ症とはご存知の通り、皮脂の過剰分泌による細菌の大量繁殖による原因が多いため、たとえしっかりと洗髪したとしてもその後にフケは出てしまうという事です。

当然、そうなると朝だけでなく、一日に何度も洗えば良いのではないだろうか?

と考えてしまいますよね。

しかし、これが悪影響を及ぼす事も多いのです。

フケ症予防の洗髪方法」でも書いたとおり、頭を洗うと、少なからず頭皮に刺激を与えます。

それを一日何度も行なうことで、頭皮を痛める原因となりかねないのです。

そして、フケ症にはタイプが逆の乾燥タイプのフケ症もあります。

そんなフケ症の方が何度も頭を洗う事はそれこそ、逆効果です。

洗髪の回数は、フケ症の原因や程度など、人それぞれで一概に何回がベストだという事は言えません。

自分の症状をしっかりと把握し、たとえフケ症予防の為の洗髪でも洗いすぎには注意するようにしましょう!

タグ

フケ症予防の洗髪方法

前回の「フケ症予防には洗髪」で、フケ症の予防として洗髪が効果的だという事はご紹介しましたね。

しかし、単に洗髪と言っても洗えば良いというものでもありません。

今回は「フケ症予防の洗髪方法」を書いてみようと思います。

基本は頭皮に刺激を与えないようにする事です。

そして、ぬるま湯を使うと良いと言われています。

頭皮というのは、思った以上に敏感で刺激を受け易い皮膚の一つです。

高温のお湯をいきなりかけただけでも頭皮への刺激は強いものとなってしまいます。

シャンプーなどで洗髪する前にぬるま湯で頭皮を馴染ませておくと刺激は最低限に抑えられるでしょう!

そして、シャンプーも我武者羅に擦れば良い、泡立たせれば良いという訳でもありません。

できるだけゆっくり、優しく髪全体に馴染ませましょう。

髪の毛の汚れはシャンプーをつけて撫でるほどで落ちてしまいます。

一番重要なのは、洗う際の手の使い方です。

爪を立ててゴリゴリとこするように洗うのだけ早めましょう。

また、フケ症の方は、爪を立ててフケをはがそうという意識に囚われてしまいます。

しかし、全く逆効果です。

結局、頭皮を痛めてしまう事になり、フケ症の悪化を招いてしまうことになってしまいます。

洗う際はマッサージをするような心持ちで、頭皮をいたわるように手を動かすようにしましょう。

洗い終えたら、シャンプーを洗い流します。

この、すすぎも重要です

決してすすぎ残しなどが無いように徹底しましょう!

最近はシャンプーも多種類発売されており、中には頭皮に優しいものもあります。

しかし、基本的には洗剤なので、汚れを落とす事を重点的に考えて作ったものが多数を占めます。

そういう強い成分を含むシャンプーが長時間頭皮に付着していると、頭皮を痛める元となります。

かならず、しっかりと洗い流しておくように心がけましょう。

タグ

悩みなんか飛んでいけ!
コンプレックスなんて
飛んでいけ
皆で悩みもコンプレックスも 吹き飛ばそう!