豊胸脂肪注入による豊胸手術について:悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ

豊胸脂肪注入による豊胸手術について

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

豊胸術にもいろいろな方法があります。

今までご紹介してきた「プチ豊胸」のように豊胸ヒアルロン酸を注入する方法とは別に「豊胸バッグ」と呼ばれているものを胸部に挿入する豊胸手術もあります。

また、「豊胸脂肪注入」という豊胸術の方法もあります。

今回はこの、「豊胸脂肪注入による豊胸手術について」書いてみようと思います。

この豊胸脂肪注入の豊胸術は、身体のラインを美しく整えたいと願う女性にとってとても人気のある豊胸術のひとつです。

では、豊胸脂肪注入という豊胸術はどのようなことをする豊胸術なのでしょうか?

皆さんはご存知でしょうか?

この豊胸術では、まず身体の部分で脂肪が気になる部分があるとすると、その部分の脂肪を吸引します。

その次に、その吸引した脂肪を胸に注入することにより、バランスの取れた美しいボディラインに整える、というのが豊胸脂肪注入という豊胸術の方法になります。

この豊胸術では、大幅にバストのサイズをアップさせたいと願っている人には、向かない豊胸術です。

しかし、バストアップと同時に気になる部分の脂肪も取ってしまいたいと思っている女性や、豊胸手術はしてみたいけれど豊胸バッグのような人工的なものを挿入するのは嫌だと思っている人にはおすすめの豊胸術だといえます。

この豊胸脂肪注入を受けた後にはどのような事に気をつければ良いのでしょうか。

豊胸脂肪注入を受けた後は、3週間ほど安静にすることが不可欠とされています。

特に、豊胸脂肪注入をした後は3週間ほど胸をできる限り揺らすことのないように気を配る必要があります。

また、豊胸脂肪注入を受ける場合には、その施術を受ける人により向き不向きがあります。

例えば、豊胸脂肪注入ではまず自分のどこかの身体の部分の脂肪を吸引する必要があります。

そのため、もともと痩せている人などは向いていません。

また、豊胸脂肪注入では吸入して注入したあとの脂肪が胸の部分で根付くことが必要な為、乳腺がもともとほとんど無い人の場合には難しいとされています。

また、豊胸脂肪注入では大幅なバストアップの効果はあまり望むことはできない為、もしも2カップや3カップ程のバストアップを望むのであれば、豊胸脂肪注入の豊胸術は向いていないといえます。

豊胸脂肪注入の最大の長所は術後の痛みが少ないことです。

さらに、豊胸脂肪注入では自分の脂肪を使用するため触った感触がとても自然なので他人に気付かれにくいという点も長所です。

豊胸脂肪注入の短所は、術後の脂肪の生着率にとても個人差があるので大きくなる場合とあまり大きくならない場合があることです。

いずれにしてもメリット・デメリットをよく考え、医師と十分に相談して悩みを取り除いてから行うのがベストではないでしょうか!

 

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://mae-chan.com/mt/mt-tb.cgi/278

悩みなんか飛んでいけ!
コンプレックスなんて
飛んでいけ
皆で悩みもコンプレックスも 吹き飛ばそう!