プチ豊胸は手軽な豊胸手術:悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ

プチ豊胸は手軽な豊胸手術

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

今回は手軽にできる豊胸手術として「プチ豊胸」について書いてみます。

昨今は一般的になってやられる方も本当に増えたと感じる整形手術ですが、整形にも「プチ整形」というものがあります。

同じように豊胸手術にも「プチ豊胸」と呼ばれているものがあります。

このプチ豊胸というものは普通の豊胸手術とどこが違うのでしょうか?

また、プチ豊胸のメリット・デメリットはどのようなものでしょうか?

少し簡単に書いて見ます(^^♪

プチ豊胸とは一般的にはメスで身体を切ることのない豊胸術の事をこう呼んでいます。

このプチ豊胸でもっとも有名なものが、SUB-Q注入法というものです。

このSUB-Q注入法というプチ豊胸は、胸部にプチ豊胸のほかにも美容整形などの分野で顔の皺を取ったりする場合に使われているSUB-Qというヒアルロン酸を注入するものです。

普通の豊胸手術であれば、胸部の目立たない部分を切開してそこに豊胸バッグというものを挿入するのですが、プチ豊胸では注射でヒアルロン酸を注入するのです。

プチ豊胸では、150cc~200ccのSUB-Qというヒアルロン酸を注入することにより1カップくらいのバストのサイズアップができます。

プチ豊胸で注入されるヒアルロン酸があまりに多いと今度はバストの形を維持するのが困難になるため、200ccくらいが注入できる限度だといわれています。

では、そのヒアルロン酸注入によるプチ豊胸を行った場合に、どの程度の期間その豊胸効果が続くのでしょうか。

プチ豊胸で今まで使われていた普通のヒアルロン酸の場合は半年から1年くらいが効果の限度とされていました。

それ以上時間が経つとヒアルロン酸が体内に吸収されてしまうためです。

しかし、現在のプチ豊胸でよく使われているSUB-Qというヒアルロン酸の特徴は粒子が普通のヒアルロン酸よりも大きいことです。

このSUB-Qのヒアルロン酸を使ったプチ豊胸の場合には、その豊胸効果の持続期間は大体2年ほどだと言われていて、格段に期間が伸びていることがわかります。

では、このようなプチ豊胸には身体に関する悪影響はないのでしょうか。

プチ豊胸などで使われているヒアルロン酸についてですがヒアルロン酸は身体に対する免疫反応などのアレルギーを起こすことはほとんどないとされています。

しかしながら、やはり身体に異物を入れるわけですので、きちんとした経験や技術のある信頼のおけるクリニックでの施術を受けることが大切です。

しかし、普通の豊胸手術のように身体にメスをいれることのないプチ豊胸は手軽に豊胸ができるということで女性にとても興味をもたれているものです。

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://mae-chan.com/mt/mt-tb.cgi/273

悩みなんか飛んでいけ!
コンプレックスなんて
飛んでいけ
皆で悩みもコンプレックスも 吹き飛ばそう!