インプラント豊胸手術のデメリット:悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ

インプラント豊胸手術のデメリット

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

今まで、色々な豊胸手術について種類や実際の術式の流れなども書いてきましたが、今回は皆さんがもっとも気になるであろう、「デメリット」について書いてみます。

豊胸手術は小さな胸の人にとって非常に興味のあるバストアップ法であることは今までもご紹介してきましたね。

豊胸手術にも色々な種類があります。

豊胸バッグを入れて胸を大きくするインプラント豊胸術、自分の脂肪を注入して胸を大きくする脂肪注入豊胸術、ヒアルロン酸を注入して胸を大きくするヒアルロン酸豊胸術など・・・。

これらの豊胸手術は胸の小さな人にとっては希望の光ともいえるでしょう。

そして、実際に豊胸手術をしてその光を手にした人も多いでしょう。

しかし、豊胸手術はメリットも大きいですがデメリットも存在することを忘れないでください。

豊胸手術を受けるときは必ずメリットとデメリットの両方をしっかり見て決めましょう。

ここで少し最もよく知られている豊胸術の一つ「インプラント豊胸術」のデメリットについてご紹介したいと思います。

<インプラント豊胸手術のデメリット>

  • 切開するので少し傷が残る
  • 拒否反応が起こる場合がある
  • 年をとっても胸の張りが保たれるので不自然に見える場合がある
  • 術後はバストが腫れたり痛みが生じる
  • 術後のマッサージケアが必要であり、そのマッサージには痛みが伴う場合がある

これら以外にもデメリットはあるのかもわかりませんが、その辺りの不安は手術前のカウンセリングなどで医師に色々と相談してみるのが良いと思います。

怖がってばかりでは、何も改善できませんが、自分の身体の事ですから最新の注意を払ってクリニック選びを行いましょう!

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://mae-chan.com/mt/mt-tb.cgi/368

悩みなんか飛んでいけ!
コンプレックスなんて
飛んでいけ
皆で悩みもコンプレックスも 吹き飛ばそう!