脂肪幹細胞注入豊胸手術について:悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ

脂肪幹細胞注入豊胸手術について

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

前回まで、ご紹介していた「脂肪注入による豊胸手術」は、豊胸手術の中でも安全性が高いとして注目を浴びていることは、分かって頂けたと思います。

脂肪注入の豊胸手術は自分の体の脂肪を使って胸に注入するため、安全で自然な胸を作ることができますよね。

しかし、その脂肪注入にもデメリットがありました。

それは、脂肪はすべてがそのまま残るのではなく、その多くが体に吸収されてしまうという事です。

そこで、新しく注目を浴びているのが「脂肪幹細胞注入」による豊胸手術です。

脂肪幹細胞注入の豊胸手術は自分の体から吸引した脂肪から幹細胞を取り出し、その幹細胞と脂肪を胸に注入します。

このように幹細胞を注入することで通常の脂肪注入のときよりも多くの脂肪を定着させることができ、大きくした胸をより長く維持することができます。

脂肪定着率は手術をする医師の技術、設備そして手術を受ける人によっても違ってきますが、通常の脂肪注入の脂肪定着率はだいたい20~30%といわれています。

一方、脂肪幹細胞注入の場合、定着率はその2倍以上といわれています。

このように脂肪注入と脂肪幹細胞注入は名前は似ていますが、脂肪定着率に差があり、手術後の維持期間がだいぶ違ってきます。

もちろんその分、手術費用も脂肪幹細胞注入の方が高くもなっています。

豊胸手術をするときは費用だけでなくさまざまな点から各手術をみて、自分に一番の豊胸手術を受けるようにしましょう。

自分の身体の手術ですから、最大の注意を払ってうけるべきですからね・・・


----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://mae-chan.com/mt/mt-tb.cgi/336

悩みなんか飛んでいけ!
コンプレックスなんて
飛んでいけ
皆で悩みもコンプレックスも 吹き飛ばそう!