早漏のトレーニング法について:悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ

早漏のトレーニング法について

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

今回は「早漏のトレーニング法について」ということで、実際に早漏の症状を低減させるためのトレーニング法について書いてみようと思います。

早漏は、一般的には完全に治すことは難しいといわれている症状です。

しかし、そんな早漏の症状を少しでも改善させることはできます。

それが、早漏トレーニング法です。

早漏は、早漏トレーニング法をきちんとすることにより改善します。

早漏には前回書いておりますが、いくつかの原因があります。

そのうちの一つに亀頭の刺激への感覚が敏感になりすぎているということが挙げられます。

そのため、射精感を感じる前に射精してしまうのです。

このような早漏を防ぐためには早漏トレーニングが欠かせません。

例えば、早漏の人というのは自分の射精のタイミングがきちんとつかめていないことが原因となっている場合があります。

そのようなことを防止するために自慰などをして射精をしそうになったら止めて、収まったらまた再開して、また射精をしそうになったら止めて...というこのようなトレーニングをすることが早漏にはとても効果的だといえます。

このような早漏トレーニングをすることにより自分の射精のタイミングをつかむと共に射精のタイミングをうまく自分でコントロールできるようにすることが早漏トレーニングの目的です。

また、他の早漏トレーニングとしては早漏防止のスプレーなどを使用して、ある程度自分の陰茎の感覚を鈍感にしておき、そのうえで上記のような早漏トレーニングとしての自慰をおこなうという早漏トレーニングもあります。

普通の状態での自慰とは違い早漏防止スプレーなどの働きで普段よりかなり鈍感になっているはずですので亀頭への刺激に慣れる意味でも,この早漏トレーニングはとても効果的だといえるでしょう。

焦らずに続けることがポイントです。

また、早漏トレーニングをする際に早漏防止のリングなどをつけて自慰の早漏トレーニングを行うことも大変効果的です。

早漏防止のリングとは射精しそうになったとしてもそのリングをつけていることにより、無理矢理射精を止める働きのあるリングのことです。

また、この早漏防止のリングをつけてパートナーにも協力をしてもらい早漏トレーニングを行うことも良いでしょう。

その場合にも自慰の早漏トレーニングと同じように射精しそうになったら止めて射精しそうになったら止めて...ということをくり返すのがポイントです。

これらの早漏トレーニングを根気良く続けて行くことにより早い人では1ケ月ほどで以前の自分よりも射精までの時間が長くなったことに気付く場合もあるようです。


----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://mae-chan.com/mt/mt-tb.cgi/263

悩みなんか飛んでいけ!
コンプレックスなんて
飛んでいけ
皆で悩みもコンプレックスも 吹き飛ばそう!