早漏の治療について:悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ

早漏の治療について

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

前回から男性特有のコンプレックスである「早漏」について書いていますが、今回は「早漏の治療について」という事で、少し書いてみようと思います。

パートナーとの大切なコミュニケーションであるセックスにおいて早漏であるということは男性にはもちろんですが、二人にとってもマイナスをもたらすこともあります。

そんな男性特有のコンプレックスである早漏の治療とはどのような方法があるのでしょうか?

実際に「早漏治療」と呼ばれているものはありますが、実は完全に早漏を治すという治療方法は無いと言われています。

それは、もともと早漏というものが精神的なものや体調などにとても左右されやすい症状のためです。

では、早漏治療と呼ばれる治療とはどのようなことを行っていくのでしょうか?

例えば、亀頭が刺激に敏感である場合には亀頭が刺激に強くなるように早漏治療を行うことはできます。

この治療の方法は亀頭の表面の皮膚を刺激に強いものにするという方法や亀頭にダーマライブという薬を注入するという方法があります。

亀頭の表面の皮膚を刺激に強くするという方法は例えば、包茎の気がある人に行うことができる早漏治療です。

亀頭が露出しにくい包茎のために、刺激に弱いというわけなので早漏治療として亀頭を常に露出した状態にしておくことにより亀頭を刺激に慣れさせるようにするというのが、この治療のねらいです。

早漏治療と共に包茎の治療にもなることになります。

亀頭にダーマライブという薬を注入するという方法は亀頭を増大する治療として行われるものです。

この早漏治療では亀頭に薬を注入することにより亀頭に対する刺激のクッションの役割が期待できるのです。

その結果、早漏治療にもとても有効というわけです。

その他の方法としてはSSRIという薬を服用することによって早漏治療を行うという方法もあります。

このSSRIという薬の服用方法はセックスをする5時間前までに1錠を服用するというものです。

また、できるのであればSSRIの早漏治療の薬と一緒にバイアグラなどのED治療薬も併用すると、さらに効果が感じられることがあります。

この早漏治療の薬のSSRIは実は抗うつ剤として使用されている薬で副作用としてめまいやふらつきなどが挙げられています。

その他の治療方法としては、射精をできるだけ我慢する訓練などをおこなうことにより早漏治療に繋がるというものもあります。

自分に合った早漏治療を見つけて、できるだけ早めに治療をはじめることが重要です。

また、早漏治療には焦りは禁物です。

ゆっくり焦らずに早漏治療をしていきましょう。

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://mae-chan.com/mt/mt-tb.cgi/257

悩みなんか飛んでいけ!
コンプレックスなんて
飛んでいけ
皆で悩みもコンプレックスも 吹き飛ばそう!