早漏について:悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ

早漏について

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

前回まで、男性版のコンプレックスということで、「ED」について書いてきましたが、今回からはまた違うコンプレックス男性版として「早漏について」書いてみようと思います。

EDと同じで男性特有の悩みやコンプレックスとしてとても有名で悩む人が多いと言われているのが「早漏」です。

では、具体的に早漏とは、一体どのような症状を言うのでしょうか。

早漏とは、セックスの際に女性の膣内に挿入してから30秒以内または1分半から2分以内に射精をしてしまうという症状のことを早漏といいます。

また、他の定義によればセックスの際に行うピストン運動が10回以内にも関わらず射精をしてしまうという早漏の定義もあります。

また別の早漏の定義によれば時間や回数などは早漏の定義には関係はなく射精反射のコントロールをうまく行うことができないという状態を早漏と呼ぶという定義もあるなど早漏の定義はさまざまなようです。

しかしながら、おおまかな早漏の定義としてはやはり女性の膣内に挿入してから射精までの時間が非常に短い場合を早漏とすることが多いようです。

では、このような早漏の原因というのはどのようなものでしょうか。

早漏の原因と言われていることに自律神経のバランスの崩れがあげられています。

セックスの際の交感神経と副交感神経の切り替わりの早さが早いために射精が早まってしまうというのが早漏のメカニズムです。

早漏に有効な薬といわれているのが「抗うつ剤」です。

抗うつ剤のSSRIという薬を早漏の患者に投与した場合には16秒の射精時間しかもたなかった人が458秒まで伸びたという早漏の改善の報告があるようです。

しかし抗うつ剤の副作用のひとつに勃起不全があるので使用する際には医師の判断が必要です。

また、早漏の他の原因として挙げられるのは陰茎の亀頭部分の感覚が敏感すぎるということがあります。

この早漏はセックスに関する悩みの中でも特に多い悩みのひとつに入るほど男性にとってはデリケートな症状をもつものです。

男性の3人に1人がこの早漏に悩んでいるともいわれています。

早漏には元気が良すぎるために早く射精してしまう場合や包茎が原因となり早漏の状態になってしまう場合EDが原因の場合などがあります。

このような早漏は実はトレーニングをすることにより、いくらかは早漏の症状を緩和することは可能だといわれています。

まずは自分の早漏がどのような原因において早漏になっているのかを知ることが大切です。

早漏の原因がわかったら、早漏を軽くするために早漏のトレーニングなどで訓練をしてみましょう。

また、自分が早漏であるという負い目から余計に早漏の症状が出てしまうことがあります。

あまり思いつめないようにしましょう。

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://mae-chan.com/mt/mt-tb.cgi/254

悩みなんか飛んでいけ!
コンプレックスなんて
飛んでいけ
皆で悩みもコンプレックスも 吹き飛ばそう!