早漏コンプレックスの記事一覧:悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ

自分でできる早漏克服法

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

前回まで、男性特有であり、男性にはとても大きな悩みである「早漏について」原因や症状、対策法などを書いてきましたが、今回は最終回ということで、自分でできる早漏克服法について書いておこうと思います。

現在、ネットで最も売れている克服法です。

作者さんが自ら、「セックスのたびに妻から失笑されるほどの超早漏」だったらしいのですが、ある女性とのセックスがキッカケで早漏克服法を発見しそれを発行されたものです。

著者のアダム徳永さんは「スローセックス実践入門」をはじめ多くの本も出されています。

購入者の感想もとても良く、安心の全額返金保障や特典のサポートも万全です。

早漏は男性の悩みの一つですが、パートナーの女性にも、そして二人にとって大きな問題です。

是非、これからの二人のために、 自分でできる早漏克服法 自分でできる早漏克服法試してみてください。

アダム徳永の早漏克服メソッド

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

早漏防止スプレーについて

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
---------------------------------------------------

早漏対策について」で少し書きましたが、 今回は「早漏防止スプレーについて」少し書いてみようと思います。

皆さん、早漏防止スプレーというものをご存知でしょうか?

当サイトでも書いてきましたが、早漏にも色々な対策法がありますが、早漏防止スプレーを使うという方法もあります。

この早漏防止スプレーとは一体どのようなスプレーなのでしょうか?

また、その使用方法はどのようなものでしょうか?

早漏防止スプレーとは、一時的に男性の陰茎の感覚が敏感になるのを抑えることにより、早く射精してしまう症状を防止しようというスプレーです。

この早漏防止スプレーの良い点は、効果が殆ど確実に現れるという点です。

しかし、この早漏防止スプレーの欠点もあります。

それは、その早漏防止スプレーを使用して女性の膣内に挿入することにより今度は女性の膣内の感度まで鈍感になってしまう可能性があるということです。

しかし、この早漏防止スプレーはかなり昔から早漏の防止策として使用されてきていますし、使いやすさなどは早漏防止スプレーとても優れていると思います。

この早漏防止スプレーと同じ様な効果を持つものに早漏防止のコンドームがあります。

この早漏防止コンドームは早漏防止スプレーと同じ効果なのですが、コンドームの内側に一時的に感覚を麻痺させる作用のある薬剤が塗ってあるコンドームのことをいいます。

早漏防止スプレーでは女性の膣内まで鈍感になるということがありましたが、この早漏防止コンドームであれば内側に塗ってあるため男性の感覚のみが鈍感になるということです。

しかし、このような早漏防止スプレーや早漏防止コンドームを使用すると今度は逆に感覚がにぶりすぎてしまってセックスができないという可能性も出てきてしまいます。

早漏防止スプレーなどの早漏防止のグッズを使用するのも、とても早漏対策には良いと思いますが、まずは自分の早漏の原因が何であるのかを調べて、その原因から早漏を治していくということも大切だと思います。

また、早漏を気にするあまり余計に早漏の症状がきつくなったり酷い場合では、勃起しなかったりということもあるので、あまり気にしないことも大切です。

さらに、早漏防止スプレーを使用するのと同時にさまざまな早漏防止のトレーニングなども併用して行うことにより、さらに早漏防止の効果が高まるといえます。

早漏は、完全になおすことはできませんが訓練次第で症状を緩和することはできるのです。

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

早漏のトレーニング法について

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

今回は「早漏のトレーニング法について」ということで、実際に早漏の症状を低減させるためのトレーニング法について書いてみようと思います。

早漏は、一般的には完全に治すことは難しいといわれている症状です。

しかし、そんな早漏の症状を少しでも改善させることはできます。

それが、早漏トレーニング法です。

早漏は、早漏トレーニング法をきちんとすることにより改善します。

早漏には前回書いておりますが、いくつかの原因があります。

そのうちの一つに亀頭の刺激への感覚が敏感になりすぎているということが挙げられます。

そのため、射精感を感じる前に射精してしまうのです。

このような早漏を防ぐためには早漏トレーニングが欠かせません。

例えば、早漏の人というのは自分の射精のタイミングがきちんとつかめていないことが原因となっている場合があります。

そのようなことを防止するために自慰などをして射精をしそうになったら止めて、収まったらまた再開して、また射精をしそうになったら止めて...というこのようなトレーニングをすることが早漏にはとても効果的だといえます。

このような早漏トレーニングをすることにより自分の射精のタイミングをつかむと共に射精のタイミングをうまく自分でコントロールできるようにすることが早漏トレーニングの目的です。

また、他の早漏トレーニングとしては早漏防止のスプレーなどを使用して、ある程度自分の陰茎の感覚を鈍感にしておき、そのうえで上記のような早漏トレーニングとしての自慰をおこなうという早漏トレーニングもあります。

普通の状態での自慰とは違い早漏防止スプレーなどの働きで普段よりかなり鈍感になっているはずですので亀頭への刺激に慣れる意味でも,この早漏トレーニングはとても効果的だといえるでしょう。

焦らずに続けることがポイントです。

また、早漏トレーニングをする際に早漏防止のリングなどをつけて自慰の早漏トレーニングを行うことも大変効果的です。

早漏防止のリングとは射精しそうになったとしてもそのリングをつけていることにより、無理矢理射精を止める働きのあるリングのことです。

また、この早漏防止のリングをつけてパートナーにも協力をしてもらい早漏トレーニングを行うことも良いでしょう。

その場合にも自慰の早漏トレーニングと同じように射精しそうになったら止めて射精しそうになったら止めて...ということをくり返すのがポイントです。

これらの早漏トレーニングを根気良く続けて行くことにより早い人では1ケ月ほどで以前の自分よりも射精までの時間が長くなったことに気付く場合もあるようです。


----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

早漏の原因について

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

前回まで、男性特有のコンプレックスとして「早漏」について書いてきていますが、対策や治療について先に書いてしまいました。

順番が逆になりますが、今回は「早漏の原因について」書いてみようと思います。

早漏の原因を理解する事で、治療したり防止したりする場合でも効果に違いが出てきますから、しっかり原因を理解しておく事は大切です。

では、早漏の原因にはどのようなものがあるのでしょうか?

一つの要因ではなく、いろいろな要因があると言われています。

精神的なものが早漏の原因になっている場合もあれば、全身の疾患が早漏の原因になっている場合もあります。

また、加齢が早漏の原因になることもあります。

では、実際に精神的なものが原因の場合は、どんなことが考えられるのでしょうか?

それはまず、ストレスなどの精神的なものが考えられます。

たとえば、昔一度でも早く終わってしまったことがあったとします。

その時は別に早漏の症状ではなかったのかも分かりませんが、次回に性行為を行うときに「また早く終わってしまったらどうしよう」「自分は早漏だ」などと思ってしまうことが早漏の原因の一つになるようです。

また、それが酷くなるとEDになってしまうことも十分に考えられます。

亀頭がとても刺激に敏感すぎるというのも早漏の原因のひとつです。

代表的な例で包茎の人などがそれに当たります。

包茎の人の亀頭は普段は隠れています。

そのために刺激を受けると刺激が強すぎて、すぐに射精してしまうのです。

この早漏の原因の場合には、包茎の治療をすることが早漏の治療になることがあります。

その他の原因としては身体の疾患からくるものがあります。

例えば糖尿病や前立腺に関する疾患など泌尿器系の疾患が早漏の原因になることがあります。

その他、アルコール中毒症なども早漏の原因の一つとして大きなものです。

このような身体の疾患が早漏の原因である場合には、その疾患を治療することが早漏を治すことにつながります。

年をとったことが早漏の原因となることも多々有ります。

加齢により射精のタイミングを自分でコントロールする筋力が衰えて、それが早漏の原因になるのです。

また、EDが早漏の原因になるということも十分に考えられます。

EDは勃起障害でありますから本来早漏とあまり関係ないように思えますが、実はEDの人は性行為のときにどうしても「やっと勃起したのだから早く射精しなくてはまた萎えてしまうかもしれない」と焦りがちなのです。

そのため、あまりにもそう思いつめてしまうことにより早漏になってしまうということがあるのです。

もしもEDが早漏の原因となってしまっている場合であれば、まずはEDの治療をすることが先決だといえます。

多くの場合は,EDの治療薬を服用することでED、そして早漏のどちらも治療できてしまうことが多いようです。

 

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

早漏対策について

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

今回は「早漏対策」について書いていこうと思います。

当サイトで取り上げ書いてきておりますが、早漏の問題は男性にとって大きなコンプレックスの原因となってしまいます。

男性の問題と書いておりますが、男性だけではなくパートナーの女性にとってもセックスで満足が得られない原因が男性の早漏にあるということも十分に考えられます。

では、実際に効果的な早漏対策はあるのでしょうか?

早漏対策のひとつに自分で自慰(オナニー)をしながら射精のタイミングをコントロールできるように訓練していくという早漏対策があります。

これは、自慰をして射精の直前で一旦止めてまたおさまったら再開する...という方法で、この自慰での射精のコントロールの訓練をすることにより実際のセックスにおいても射精のタイミングをコントロールできるようにするという早漏対策です。

その他の対策としては、パートナーの女性に協力をしてもらいながら早漏対策の訓練をするという方法があります。

少し難しいのかもわかりませんが、これは、パートナーと普通にセックスをして射精しそうになったところで抜きパートナーにきつく陰茎を握ってもらうことにより射精衝動をおさえてもらうという早漏対策の訓練です。

何度もこれをくり返して訓練することにより射精までの時間を伸ばすことができるようになるという早漏対策です。

その他の対策としては射精中枢に働きかけて射精を伸ばす作用のある薬を服用するという早漏対策です。

この射精中枢に働きかける薬を服用することにより70%程度の男性に早漏対策の効果が見られるそうです。

しかし、この早漏対策の場合は、せっかく一時的に早漏対策の効果が見られてもまた元に戻ってしまう確率が高いという欠点があります。

その他に、ゼリーとスプレーによる早漏対策というものもあります。

これは、男性の陰茎の感覚を一時的に麻痺させるような作用のあるゼリーやスプレーを使うことにより早漏対策をするものです。

この早漏対策の欠点はこのようなゼリーやスプレーを使用すると男性のみならず女性の膣内の感覚も一時的に麻痺してしまう可能性があるということです。

そのあたりに注意が必要です。

このようにいろいろな方法があります。

しかし、早漏の症状を完全に治すという早漏対策はありません。

早漏対策に一番大切だといえるのは早漏を治すために訓練をするということです。

気長に何度も訓練をして早漏の症状を緩和させるようにしましょう。

また、早漏にはストレスや焦りなどは禁物です。

パートナーにも協力をしてもらいゆっくりと治していきましょう。

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

悩みなんか飛んでいけ!
コンプレックスなんて
飛んでいけ
皆で悩みもコンプレックスも 吹き飛ばそう!