あがり症と書痙(しっけい)の関係について:悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ

あがり症と書痙(しっけい)の関係について

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

今回は「あがり症と書痙(しっけい)の関係について」少し書いてみようと思います。

皆さんは、「書痙(しっけい)」という言葉をご存知でしょうか?

書痙(しっけい)はあがり症の症状の一つとも言われていて、以下のような症状が代表的です。

・大勢の人前での発表や説明・プレゼンなどの時に、手足や声などが震えてしまう。

・結婚式や葬儀など、改まった場所などで自分の名前や住所などを書く時に手が震える。

・改まったお客様にお茶を出す時などに、手が震える。

・上司や先輩などにお酌をする時に手が震える。

・授業や講習などで黒板に字を書くときに手が震える。

これらのような症状を書痙(しっけい)と呼んでいますが、あがり症を克服する事により改善できる場合が多いとも言われています。

頑張って克服しましょうね~♪

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://mae-chan.com/mt/mt-tb.cgi/221

悩みなんか飛んでいけ!
コンプレックスなんて
飛んでいけ
皆で悩みもコンプレックスも 吹き飛ばそう!