あがり症の薬について:悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ

あがり症の薬について

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

前回、「あがり症の治療について」で少しふれましたが、今回は『あがり症の薬について』として具体的な薬について書いてみようと思います。

当サイトでも何度か書いておりますとおり、「あがり症」とは心理的な要因が原因で人前であがってしまう症状の事です。

では、この病気では無い、あがり症を薬で緩和することはできるのでしょうか?

昨今では、あがり症の薬として『インデラル』という心臓病の薬を処方する病院が多くあるようです。

この『インデラル』という薬は、βブロッカーと呼ばれる種類の薬で安全性が確認されている薬です。

この『インデラル』を服用することにより、あがり症の症状を緩和することができるとされています。

服用することにより、あがり症の症状としてとても多い心拍数の上昇を防ぐことができます。

その他、あがり症の症状として声が震えるなどということがありますが、この症状も、服用することにより緩和できるそうです。

また、呼吸を安定させたり冷や汗をかきやすいあがり症の人の発汗をおさえるなどの作用も服用することにより緩和されます。

その他にも「デプロメール」という薬などもあがり症の薬として処方されることが多いようです。

しかし、あがり症というものは病気ではないので、あがり症の薬として処方されている薬も実は「あがり症の症状に効果的だ」というだけで「あがり症の薬」として処方されているわけではないのです。

あがり症は心理的な要因がとても多い症状です。

そのため、そういったあがり症の症状がでやすい場面で精神的に緊張しないようにするために処方される薬が、あがり症の薬というわけです。

その症状が出る場所に慣れていないために起こることがある、あがり症ですので処方される薬の効果は精神安定の効果と同じようなものです。

そのため、あがり症の薬を服用することにより,だんだんとそのあがり症の症状が出やすい場所に慣れていき、そのことによりあがり症の薬がなくなっても場慣れしているのであがり症の症状が出なくなるということになります。

また、あがり症の薬として出される薬のうちのほとんどは依存性や副作用も少ない薬であることが多いです。

また、うつ病などの治療の際に処方される薬があがり症の薬として処方されることも多いようです。

いずれにしても、あがり症は病気ではないので訓練次第で克服することが可能な症状だということを覚えておいてください。

また、あがり症の薬として処方される薬には依存性や副作用は少ないとされていますが、きちんと医師の処方や注意を守って服用することが大切です。

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://mae-chan.com/mt/mt-tb.cgi/207

悩みなんか飛んでいけ!
コンプレックスなんて
飛んでいけ
皆で悩みもコンプレックスも 吹き飛ばそう!