「かつら」について:悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ

「かつら」について

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

前回、「植毛について」で薄毛対策の究極と書きましたが、今回は植毛よりも簡単にできる薄毛対策の「かつらについて」ご紹介しようと思います。

脱毛や薄毛に悩んでいる人がよく使用するもの。それが「かつら」です。

皆さんも「かつら」はご存知でしょう!!

最近では,この「かつら」にも色々な種類のものが登場しているようです。

また、若年性脱毛症などに悩む人も増えているため「かつら」を使用する人の年齢は年々低下しているそうです。

利用者の中には、病気や薬の副作用、怪我などによる脱毛などのために「かつら」を利用する人もたくさんいます。

そのため、「かつら」の中には医療用の「かつら」というものもあるようです。

「かつら」にはその使用範囲に応じた3種類の「かつら」があります。

頭を全部すっぽり覆う「オールタイプ」と呼ばれるかつら、脱毛の範囲が狭い場合にある部分だけを覆う『ツーペタイプ』と呼ばれるかつら、「エクステンション」と呼ばれる女性がお洒落用に使用するかつらがあります。

「かつら」には種類だけではなく、その装着する方法にもいろいろな方法があるようです。

まず、自毛がほとんど無い人であればテープでかつらを装着する方法があります。

その他、かつらの内部に特殊な金具がついていて、それをパチパチと自分の髪の毛に止めていくタイプのかつらもあります。

取り外しがいらないタイプのかつらとして、自分の髪の毛とかつらを編み込んでしまう方法のかつらや、特別な薬剤を用いて地肌に接着してしまうタイプのかつらもあります。

このように、今となってはいろいろな種類があり自分にとって良い「かつら」を選ぶことができるようになりましたが、それでは良い「かつら」の選び方とはあるのでしょうか。

「かつら」を選ぶ時には、まずその「かつら」の耐久性や値段などが選ぶ時の情報となります。

また、自分に合ったタイプのかつらを選ぶことや装着方法も自分に合ったものを選ぶことが良いかつらを選ぶうえで大切なことです。

「かつら」には、既製品のかつらと自分用に作ってもらうオーダーメイドのかつらがありますが、オーダーメイドで作ってもらう場合の値段は、もちろん既製品のかつらよりも2倍ほどの値段になってしまうこともあるので注意が必要です。

また、せっかく「かつら」を購入しても、きちんとメンテナンスを行わないと耐久年数に関わってくることとなります。

「かつら」は安いものではありませんので、自分に合うかつらを購入した後はきちんとメンテナンスを行い、正しい使用方法でかつらを使用することがたいせつといえます。

一般的には、かつらの耐久年数は3年~5年程度といわれていますが、これもかつらのきちんとしたメンテナンスにより変わってくることとなります。

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://mae-chan.com/mt/mt-tb.cgi/186

悩みなんか飛んでいけ!
コンプレックスなんて
飛んでいけ
皆で悩みもコンプレックスも 吹き飛ばそう!