植毛について:悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ

植毛について

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

今回は『植毛について』書いてみようと思います。

前回まで、色々な薄毛の原因や薄毛対策を書いてきましたが、これは極めつけの対策方法ではないでしょうか?

皆さんも最近はTVCMなどでもみかけるので、ご存知だと思いますが、薄毛や脱毛に悩んでいる人の治療法などに植毛というものがあります。

この植毛とは一体どのようなことをするものなのでしょう?

毛を植える、とかく植毛は名前の通り頭皮などに毛を植え付けるという治療法のことをいいます。

この植毛は、頭髪の薄毛や脱毛などに悩んでいる人にとってはもちろん最近では眉毛や睫などの植毛も人気があるそうです。

植毛は、手術によって髪の毛や髪の毛の組織などを頭皮に植え付けていくという医療行為にあたります。

この植毛は、もともとは事故や火傷などでの外傷や病気や薬などの副作用によって毛が抜けてしまった人に対して研究されていた技術でした。

しかし、最近ではこの植毛はそのような用途はもちろん薄毛や脱毛に悩む人や女性の美容などでも用いられている技術となっています。

植毛の方法には、いろいろな方法があります。

自分の毛髪を使って移植を行う「自毛植毛法」という方法や、人工的に作った人工毛を頭皮に植え付ける「人工毛植毛法」などがあります。

前者の「自毛植毛法」という植毛の方法では自分の毛の組織をそのまま皮膚と一緒に移植するという方法です。

この植毛の方法の場合,側頭部や後頭部などの薄毛になりにくいと言われている部分の頭皮を毛根ごと切り取り、その切り取った部分をまた毛穴ごとに細かくわける作業を経て1本ずつていねいに移植していきます。

この植毛の方法の良い点は、自分の毛や毛根を使っているため見た目がとても自然であるということや、抜けてしまった場合でもまた生えてくるということが挙げられます。

後者の「人工毛植毛法」の植毛の方法では人工の毛を1本ずつていねいに植え付けていくことになります。

人工の毛を使った植毛の方法となるため自分の毛や毛根などを使った植毛の方法の場合よりも手術としては簡単な手術となることが多いようです。

しかし、やはり人気の植毛の方法は,自分の毛を使った植毛です。

自分の毛や毛根を使った植毛は、拒否反応が少なく自然さにかけては他のものより優れているのが、この植毛が人気の理由です。

この植毛の手術を受けるためには、まず検査やカウンセリングを受ける必要があります。

植毛の手術自体は入院する必要はなく日帰りで受けることができます。

抜糸は1週間ほどで行われ洗髪なども1週間ほどで行うことができます。

植毛の手術の費用は保険が適用されることがないため、あらかじめカウンセリングなどで費用の面なども詳しく聞いておくことが必要です。

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://mae-chan.com/mt/mt-tb.cgi/184

悩みなんか飛んでいけ!
コンプレックスなんて
飛んでいけ
皆で悩みもコンプレックスも 吹き飛ばそう!