抜け毛の仕組みについて:悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ

抜け毛の仕組みについて

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

今回は薄毛に悩む皆さんに改めて考えて欲しいと思い『抜け毛の仕組みについて』書いてみようと思います。

頭髪が薄くなる、薄毛の悩みは、当人にとってはかなり深刻なものがありますが、髪の仕組みについて知ることで悩みを解消する糸口があるかもしれません。

まず、髪の毛はどうして生えるのでしょうか?

髪の毛は頭皮の毛包一つ一つから出ています。

頭皮の中にある毛の根元を「毛根」といいます。抜け毛を見ると分かりますが、毛根の根元は丸く膨らんでいて、それが「毛球」です。

毛球の真ん中の窪みが「毛乳頭」で、ここは毛細血管から栄養分が送り込まれる場所です。

髪の成長は、毛乳頭に送られた栄養分によって促されます。

髪の毛は常に抜けたり生え替わったりという「成長」「退行」「休止」という3つの状態があり、これを繰り返して「毛周期」というサイクルを形成しています。

個人差はありますが、髪の成長期は3年から6年程度です。

そして数週間の退行期を経て、休止期に入ることで髪のサイクルがひと回りします。

休止期に入ると次の毛髪が生える準備をしていますから、新しい髪の毛に押される形で自然に抜けるのです。

栄養が毛乳頭に行き届き、髪を作る機能を順調に働かせているかぎり髪の毛は健康です。

正常な毛髪でも、女性で140~170本、男性で90本~110本程度は抜けますが、休止期に入ると新しい髪が準備され古い髪が抜けるので、むしろ自然な現象です。

何も思い悩むことはありません。

けれど、抜け毛の量があまりにも多すぎる場合はサイクルに狂いが出ている可能性がありますので、対策を立てなければなりません。

正しい発毛サイクルを維持することが、抜け毛が多くなりすぎないようにするコツです。

抜け毛の悩みを解消するためにも、髪のサイクルとサイクルの狂う原因をしっかり覚えておきましょう。

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://mae-chan.com/mt/mt-tb.cgi/179

悩みなんか飛んでいけ!
コンプレックスなんて
飛んでいけ
皆で悩みもコンプレックスも 吹き飛ばそう!