薄毛・抜毛の悩みの記事一覧:悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ

自分でできる薄毛対策

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

前回まで、薄毛コンプレックスとして、原因や対策方法などについて色々書いてきました。

とりあえず、今回で薄毛コンプレックスについては終わりにしようと思います。

もちろん、何か新しい情報などがありましたら、都度書かせてもらいますね。

今回は最後に、『自分でできる薄毛対策』として一つご紹介しようと思います。

 

その名も 驚きの逆転発毛法

これは、

「シャンプーは2回!徹底的に毛穴に詰まった皮脂を落とす。」

「風呂上りには育毛トニック」

「アロエと焼酎をミックスして頭に霧吹き」

「ブラシで叩く。」

「禁酒・禁煙」

などの対策や、ヘアサロンでも打つ手なしとまで言われ、克服できなかった方が、発想の転換から産まれた発毛法です!!

実際の薄毛だった方の克服法ですので、気になる方はお試ししてみては、いかがでしょうか?

詳細はこちらから・・・

 

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

部分かつらについて

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

今回は『部分かつらについて』少し書いてみようと思います。

昨今では、脱毛や薄毛対策としてだけではなく、女性のファッションの面としても利用されている「部分かつら」。

種類も豊富で、色々なタイプの「かつら」がありますが、大きく分類すると、「全かつら」と「部分かつら」の2種類があります。

「全かつら」とは、文字通り頭を全部おおうような形状の「かつら」のことです。

「部分かつら」は、気になる一部分のみをカバーするように作られている「かつら」のことで、男性などは、この「部分かつら」を利用している人が多いようです。

「部分かつら」は、一部分のみが脱毛してしまった場合や一部分だけの薄毛が気になる場合などに
使われる「かつら」です。

「部分かつら」を使うことにより、自分が気になっている部分をピンポイントでカバーすることが可能となります。

「部分かつら」にもいろいろなスタイルの種類があり、色はもちろん長さやパーマやウェーブの感じなどもさまざまです。

この「部分かつら」の良い点は、気になる部分だけを自然にカバーすることができるため、とても自然であるということです。

また、「部分かつら」は「全かつら」に比べて装着も簡単ですので、外出前の少しの時間に装着をして出かけることが可能です。

自分に合った「部分かつら」を選ぶコツは、自分の髪の毛とできる限り同じような色や質のものを選ぶことです。

「全かつら」であれば、「部分かつらと」は違い頭全体をすっぽりと覆うかたちで装着できるため、色や質が違っても問題はありませんが、「部分かつら」の場合は一部分のみの装着のため、あまりにも自分の髪の毛と違う色や質の場合には、かえって部分「かつら」をつけたほうが目立ってしまうということにもなりかねないからです。

「部分かつら」の装着方法は,ピンでワンタッチでつけることができるものが多いようです。

また「全かつら」に比べて「部分かつら」は小さいため、「全かつら」にくらべると値段は安いようです。

「部分かつら」は、「ツーペタイプ」と呼ばれる種類のかつらで、一般的な耐久年数は大体3年から5年程度だと言われています。

しかし、「部分かつら」をこまめにメンテナンスすることにより耐久年数はかわってくることになります。

「部分かつら」と「全かつら」、どちらを選ぶのかは自分の使用目的や、脱毛や薄毛の進行具合により変わってくることになります。

しかし、脱毛などのために「部分かつら」を使用する場合せっかく購入しても、脱毛が進行してしまえば新たに買い足すなどという自体に陥ってしまう場合もありますので、自分に合ったものをきちんと考える必要がありそうです。

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

女性かつらについて

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

今回は『女性かつらについて』ということで、かつらの中でも女性に限定したものについて書いてみようと思います。

『かつら』と聞くと、どうしても薄毛対策用の男性の為のものと思ってしまいがちですが、最近では『女性かつら』と呼ばれる女性がつけるためのかつらも色々出ているようです。

では、実際に女性かつらとはどのような「かつら」のことをいうのでしょうか?

女性かつらとは『ウィッグ』や『エクステンション』などとも呼ばれる、女性のためのかつらのことです。

この女性かつらは、女性がお洒落のためにつける「かつら」もあれば、薄毛などに悩んでいる女性がつける女性かつらもあります。

この点が大きな違いですね、男性がお洒落の為にかつらを利用する事は殆どありませんから・・・(^^ゞ

また、医療用の女性かつらもあるようです。

女性かつらには、3つのタイプの「かつら」があります。

「フルウィッグ」と呼ばれる、頭全体を覆うタイプの女性かつら。

「ヘアピース」とは、気になっている一部分だけを覆うタイプの女性かつらです。

「エクステ」とも略される「エクステンション」は、つけ毛タイプの女性かつらです。

女性かつらと男性用のかつらとは違い、女性の髪型に併せたさまざまなタイプの女性かつらがあります。

髪の毛の長さもショートヘアの女性かつらからロングヘアの女性かつらまで、いろいろな長さが揃っています。

脱毛や薄毛で悩む人が女性かつらを利用することはもちろん、最近では何種類もの女性かつらを
持っていて、日や気分によって使い分けるなどというお洒落のために利用する人も増えてきました。

男性ももちろんですが、女性にとっては髪というものは特に大切なものです。

髪型が少し違うだけで、印象もかなり変わってくるのです。

そのため、このようにお洒落として女性かつらが活用されているのです。

最初に述べた、医療用の女性かつらですが、この医療用の女性かつらは普通のものとどのように違うのかというと、実はあまり変わったところはないものが多いそうです。

しかし、病気や怪我などのために医療用の女性かつらを使用する場合が多いので、患部に負担がないように考えて作られている医療用の女性かつらもあるそうです。

病院により、提携している医療用かつらの会社なども違うそうです。

また、最近では髪を染めている人なども多いため、女性かつらの色のバリエーションも豊富になってきているそうです。

女性かつらに限らず、かつらは保険がきかないものであるので値段的にも形状的にも自分に合ったかつらをきちんと見つけることが大切です。

また、購入後にはきちんとしたアフターメンテナンスを行うことが、女性かつらの耐久性を伸ばす秘訣となっています。

 

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

「かつら」について

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

前回、「植毛について」で薄毛対策の究極と書きましたが、今回は植毛よりも簡単にできる薄毛対策の「かつらについて」ご紹介しようと思います。

脱毛や薄毛に悩んでいる人がよく使用するもの。それが「かつら」です。

皆さんも「かつら」はご存知でしょう!!

最近では,この「かつら」にも色々な種類のものが登場しているようです。

また、若年性脱毛症などに悩む人も増えているため「かつら」を使用する人の年齢は年々低下しているそうです。

利用者の中には、病気や薬の副作用、怪我などによる脱毛などのために「かつら」を利用する人もたくさんいます。

そのため、「かつら」の中には医療用の「かつら」というものもあるようです。

「かつら」にはその使用範囲に応じた3種類の「かつら」があります。

頭を全部すっぽり覆う「オールタイプ」と呼ばれるかつら、脱毛の範囲が狭い場合にある部分だけを覆う『ツーペタイプ』と呼ばれるかつら、「エクステンション」と呼ばれる女性がお洒落用に使用するかつらがあります。

「かつら」には種類だけではなく、その装着する方法にもいろいろな方法があるようです。

まず、自毛がほとんど無い人であればテープでかつらを装着する方法があります。

その他、かつらの内部に特殊な金具がついていて、それをパチパチと自分の髪の毛に止めていくタイプのかつらもあります。

取り外しがいらないタイプのかつらとして、自分の髪の毛とかつらを編み込んでしまう方法のかつらや、特別な薬剤を用いて地肌に接着してしまうタイプのかつらもあります。

このように、今となってはいろいろな種類があり自分にとって良い「かつら」を選ぶことができるようになりましたが、それでは良い「かつら」の選び方とはあるのでしょうか。

「かつら」を選ぶ時には、まずその「かつら」の耐久性や値段などが選ぶ時の情報となります。

また、自分に合ったタイプのかつらを選ぶことや装着方法も自分に合ったものを選ぶことが良いかつらを選ぶうえで大切なことです。

「かつら」には、既製品のかつらと自分用に作ってもらうオーダーメイドのかつらがありますが、オーダーメイドで作ってもらう場合の値段は、もちろん既製品のかつらよりも2倍ほどの値段になってしまうこともあるので注意が必要です。

また、せっかく「かつら」を購入しても、きちんとメンテナンスを行わないと耐久年数に関わってくることとなります。

「かつら」は安いものではありませんので、自分に合うかつらを購入した後はきちんとメンテナンスを行い、正しい使用方法でかつらを使用することがたいせつといえます。

一般的には、かつらの耐久年数は3年~5年程度といわれていますが、これもかつらのきちんとしたメンテナンスにより変わってくることとなります。

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

植毛について

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

今回は『植毛について』書いてみようと思います。

前回まで、色々な薄毛の原因や薄毛対策を書いてきましたが、これは極めつけの対策方法ではないでしょうか?

皆さんも最近はTVCMなどでもみかけるので、ご存知だと思いますが、薄毛や脱毛に悩んでいる人の治療法などに植毛というものがあります。

この植毛とは一体どのようなことをするものなのでしょう?

毛を植える、とかく植毛は名前の通り頭皮などに毛を植え付けるという治療法のことをいいます。

この植毛は、頭髪の薄毛や脱毛などに悩んでいる人にとってはもちろん最近では眉毛や睫などの植毛も人気があるそうです。

植毛は、手術によって髪の毛や髪の毛の組織などを頭皮に植え付けていくという医療行為にあたります。

この植毛は、もともとは事故や火傷などでの外傷や病気や薬などの副作用によって毛が抜けてしまった人に対して研究されていた技術でした。

しかし、最近ではこの植毛はそのような用途はもちろん薄毛や脱毛に悩む人や女性の美容などでも用いられている技術となっています。

植毛の方法には、いろいろな方法があります。

自分の毛髪を使って移植を行う「自毛植毛法」という方法や、人工的に作った人工毛を頭皮に植え付ける「人工毛植毛法」などがあります。

前者の「自毛植毛法」という植毛の方法では自分の毛の組織をそのまま皮膚と一緒に移植するという方法です。

この植毛の方法の場合,側頭部や後頭部などの薄毛になりにくいと言われている部分の頭皮を毛根ごと切り取り、その切り取った部分をまた毛穴ごとに細かくわける作業を経て1本ずつていねいに移植していきます。

この植毛の方法の良い点は、自分の毛や毛根を使っているため見た目がとても自然であるということや、抜けてしまった場合でもまた生えてくるということが挙げられます。

後者の「人工毛植毛法」の植毛の方法では人工の毛を1本ずつていねいに植え付けていくことになります。

人工の毛を使った植毛の方法となるため自分の毛や毛根などを使った植毛の方法の場合よりも手術としては簡単な手術となることが多いようです。

しかし、やはり人気の植毛の方法は,自分の毛を使った植毛です。

自分の毛や毛根を使った植毛は、拒否反応が少なく自然さにかけては他のものより優れているのが、この植毛が人気の理由です。

この植毛の手術を受けるためには、まず検査やカウンセリングを受ける必要があります。

植毛の手術自体は入院する必要はなく日帰りで受けることができます。

抜糸は1週間ほどで行われ洗髪なども1週間ほどで行うことができます。

植毛の手術の費用は保険が適用されることがないため、あらかじめカウンセリングなどで費用の面なども詳しく聞いておくことが必要です。

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

悩みなんか飛んでいけ!
コンプレックスなんて
飛んでいけ
皆で悩みもコンプレックスも 吹き飛ばそう!