わきが治療の保険適用について:悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ

わきが治療の保険適用について

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

前回はわきがの「治療」について、ご紹介いたしましたので、今回は『わきが治療の保険適用について』ご紹介したいと思います。

わきがは病気では無いので保険が適用されるのか疑問に思うところではないでしょうか?

わきがはとてもデリケートな症状を持つものです。

わきがの保険適用はあるのでしょうか?

結論は、わきがの保険適用はあります。

しかし、そのわきがの保険適用になる対象はかなり重症のわきがのみと決まっています。

わきがの保険適用の対象となるのは、重症のわきがの場合で「皮弁法」という手術だけが、わきがの保険適用の対象となっています。

このわきがの保険適用が適用となった場合には、この手術が3万円ほどで受けられることになります。

わきがの保険適用の規則としては、悪臭がひどく他人の就業に支障が出ることが明確で客観的にみて治療を行う必要が有ると思われる場合のみにわきがの保険適用が適用されるとなっています。

わきがの保険適用は、軽度のわきがの場合には適用されません。

わきがの保険適用がきく治療を受けたい場合にはどこにいって治療を受けたら良いのでしょう。

わきがの保険適用は,適用することができる場所も決まっています。

わきがの保険適用ですが,わきが自体は病気ではなく、体質の問題なので美容外科などではわきがの保険適用が適用されない場合が多いのです。

しかし、皮膚科や形成外科などでわきがの治療を受ける場合には、わきがの保険適用がきくことが多いようです。

わきがの保険適用が適用された場合には、わきがの手術の費用が大幅に安くなることになります。

これは、わきがが本当に気にはなっているけれども手術というものの費用の大きさから諦めてしまっていた人にとっては、とても有り難いことです。

わきがの保険適用が適用されない場合では、20万~30万ほどの手術費用の場合でも、わきがの保険適用が適用された場合には3万~5万くらいの費用で済むことになります。

わきがの保険適用の対象となる手術は、「皮弁法」という手術だと述べましたがこの「皮弁法」という手術は、皮膚を切り開いてアポクリン汗腺などを除去するという手術になります。

この「皮弁法」の手術以外は、わきがの保険適用の対象にはなりません。

この「皮弁法」がわきがの保険適用になるにも関わらず他のわきがの手術の方法が人気がある理由は皮弁法の手術であれば手術をしたあとにも10回程度通院が必要で手術後しばらくは安静にする必要があるためです。

また、皮膚を切り開く手術であるため、傷跡が残ってしまう場合もあるということがこの皮弁法の手術を躊躇する人が多い理由でもあります。

どちらにしろ、わきがの保険適用の対象となるのは、重度のわきがの場合のみなので軽度のわきがの症状であるならばそんなに費用が高くないこともあります。

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

タグ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://mae-chan.com/mt/mt-tb.cgi/123

悩みなんか飛んでいけ!
コンプレックスなんて
飛んでいけ
皆で悩みもコンプレックスも 吹き飛ばそう!