わきがの手術について:悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ

わきがの手術について

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

前回、わきがの治療法等について書きました。

今回は根本的に取り除いてしまおうという『わきがの手術について』です。

とてもデリケートな症状のわきがですが、このわきがを治療するには色々な方法があります。

しかし、根本的にわきがの治療を行ってしまいたい場合には、わきが手術という手術の方法が必要になってきます。

わきが手術の方法にも色々な方法があります。

わきが手術の方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

またわきが手術とはどのようなことをする手術なのでしょうか?

わきが手術とは、わきがを根本的に治してしまうために、わきがの原因の元を取り去ってしまうという手術になります。

そのため、わきが手術では、わきのアポクリン汗腺・エクリン汗腺・皮脂腺などを手術によって取ってしまうという手術になります。

わきが手術の色々な種類を見ていくことにしましょう。

まず、わきが手術の中でも昔から行われてきた方法のわきが手術が「切除法」というわきが手術です。

この「切除法」では、その名の通り手術によりわき毛の生えている部分を丸ごと取ってしまうという方法です。

もちろん、わき毛のある部分のアポクリン汗腺・エクリン汗腺・皮脂腺を取り去るというこの「切除法」のわきが手術を受けることによりわきがは根本から治ることになります。

しかし、この切除法のわきが手術のデメリットは、手術を受けた部分に大きな傷跡が残るということです。

そのため、今では他のわきが手術の方法のほうが一般的となっています。

「皮膚組織掻爬法」というわきが手術があります。

この皮膚組織掻爬法のわきが手術では、わきの下部分に切り込みを入れて、そこから器具を入れ、アポクリン汗腺などを掻きだすというわきが手術です。

「切除法」のわきが手術とは違い、この皮膚組織掻爬法のわきが手術の方法であれば傷跡は小さくて済むことになります。

しかし、この皮膚組織掻爬法のわきが手術では完全にアポクリン汗腺などを除去することは難しいとされています。

「皮膚組織削除法」というわきが手術はわきの下部分数カ所を切開して、器具を使ってアポクリン汗腺・エクリン汗腺・皮脂腺などを削りとっていくというわきが手術です。

この皮膚組織削除法のわきが手術では、傷跡も小さいのですが皮膚の色が変わってしまったりするためにとても目立つことになってしまいます。

傷跡もほぼ残ることなく、通院でおこなうことができるわきが手術が「皮膚組織吸引法」です。

この皮膚組織吸引法のわきが手術では、わきの下部分に小さな穴を開けそこに管を入れ、アポクリン汗腺などをそのまま吸引してしまうというわきが手術の方法が取られています。

傷跡が残らないので良いのですが、アポクリン汗腺などを完全に除去することが出来ない場合もあるというのがデメリットです。

しかしながら,このわきが手術は人気があり,多くのクリニックで行われているわきが手術です。

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

タグ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://mae-chan.com/mt/mt-tb.cgi/120

悩みなんか飛んでいけ!
コンプレックスなんて
飛んでいけ
皆で悩みもコンプレックスも 吹き飛ばそう!