歯周病が原因の口臭:悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ

歯周病が原因の口臭

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!

当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。

----------------------------------------------------

今日は、口臭はさまざまな原因があると言われていますので、これからそれらの原因について書いていこうと思います。

その中でまず、口臭の原因の一つと言われる「歯周病が原因の口臭」についてです。

大人のほとんどがかかっている口膣内の疾患が歯周病です。

現代の日本人の成人のうち約8割の人がなんらかの歯周病や歯周病予備軍と言われています。

この歯周病があると口臭がひどい場合が多いです。

歯周病と口臭はどのような関係があるのでしょうか。

口臭の原因となるものの中に口膣内の疾患というものが挙げられます。

その口膣内の疾患の8割がたが歯周病です。

歯周病とは、歯槽膿漏などの歯に関する病気のことで、大人のほとんどがこの歯周病を持っていると言われています。

歯周病が口膣内にあると、なぜ口臭が酷くなるのでしょう。

歯周病があると、歯の根元がぐらつくなどして、その場所に食べカスなどがはさまりやすくなることがあります。

これが口臭の原因となるのです。

また、歯周病というものが進行すると口臭の原因になる状態になることがあります。

歯周病が進行して歯ぐきから膿などが出るような状態になることがあります。

このようになると、この歯周病の膿が口臭の原因となるのです。

また、歯周病というのが口の中で細菌が増殖している状態を指すものなので、そのせいで口臭がひどくなることもあります。

このように、歯周病が原因で口臭にかかることは、とても多くみられることです。

しかし、言い換えれば歯周病が原因で口臭がひどくなっている場合であれば、歯周病の治療を行うことにより口臭の治療ができるということなので比較的治療がしやすいともいえます。

歯周病の原因となるのは、歯磨きのときなどの磨き残しがあって歯垢が沢山たまってしまうために起こるものです。

歯垢がたまると、そこに雑菌が付着して口臭の原因となってしまうのです。

このように、歯周病と口臭にはとても深い関係があります。

口臭があまりにひどい場合はまず歯周病などの口膣の疾患を疑ってみることが早いでしょう。

歯磨きをする時に出血を起こしたり、歯茎が腫れてきたり、膿が出るなどの症状の場合は歯周病の疑いが大きいので歯科医に検査に行くことをおすすめします。

歯周病があると、口臭がひどくなるのはおわかり頂けたと思いますが歯周病があると他の糖尿病などの疾患にもかかりやすくなってしまうことがあったりもするので、口臭の観点だけではなく、さまざまな面から歯周病をできるだけ早く発見して、治療を受けることが健康に生活するにはとても大切な事だといえます。

歯周病や口臭を予防するためには、緑茶に含まれているカテキンが効果があるので緑茶を口に含んでうがいをすると、歯周病や口臭の予防になります。

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

タグ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://mae-chan.com/mt/mt-tb.cgi/35

悩みなんか飛んでいけ!
コンプレックスなんて
飛んでいけ
皆で悩みもコンプレックスも 吹き飛ばそう!