タバコが原因の口臭:悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ

タバコが原因の口臭

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

今まで数多くの口臭の原因について書いてきましたが、口臭を引き起こすものには,いろいろな原因のものがありますが,その中にタバコ口臭と呼ばれるものがあるのを御存じでしょうか。

今日は「タバコが原因の口臭」について書いていきます。

タバコ口臭とは何でしょうか。

タバコ口臭とはタバコを吸うことが原因により口臭が発生することを言います。

何故タバコ口臭は起こるのでしょう。

タバコ口臭は、単にタバコを吸うとそのニオイが口内にこもるというだけではなく歯周病などとも多いに関係があるものです。

タバコを吸うことにより通常の2倍~9倍もの確率で歯周病にかかることがわかっています。

歯周病は何度も書いてきておりますとおり口臭をひき起こす原因となるものです。

そのため、タバコ口臭といわれるような事が起きてくるわけです。

タバコが原因で口臭が起きるしくみを見てみましょう。

タバコ口臭が起きるのは、タバコを沢山吸うヘビースモーカーを見るとよくわかります。

タバコを吸うことにより、タバコ口臭の原因ともなる独特の舌苔(ぜったい)が発生するのです。

この舌苔がタバコ口臭の原因にもなるのですが、さらにこの舌苔があることにより歯周病にかかりやすくなってしまいます。

また、歯周病にかかってしまった場合、タバコ口臭と歯周病の口臭とが混ざってしまい、さらに酷い口臭を招くことにもなります。

また、タバコを吸うということは、ニコチンの作用により唾液の分泌が抑えられるという事でもあります。

唾液の分泌がすくなくなると口の中が乾きやすくなります。

口臭の原因のひとつに口の中が乾いていることが挙げられます。

そのため、タバコを吸うと口臭が酷くなりやすい状態になりタバコ口臭が発生するのです。

また、タバコ口臭は受動喫煙でも起こりうることが確認されています。

つまり、親がタバコを吸っていてタバコ口臭になるのはもちろんのことですが、その隣で受動喫煙をしいられている子供がタバコ口臭になってしまう事もあるのです。

タバコの煙りに含まれている有害物質が歯茎の血流を悪くしたりする作用があることから、歯周病にかかりやすくなったりするのです。

このように、タバコ口臭は自分だけではなく自分の周りの大切な人にも関わってくる病気だといえます。

他の病気などが原因の場合と違い、ただ単にタバコを吸っているがゆえのタバコのニオイだけのタバコ口臭であればタバコを吸うのをやめることにより口臭も消えることになります。

しかし、タバコ口臭の中でもタバコを吸うことにより歯周病になってしまった場合のタバコ口臭の場合は、当然の事ですが、歯周病の治療を行わないことには口臭も消えないので注意が必要です。

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

タグ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://mae-chan.com/mt/mt-tb.cgi/57

悩みなんか飛んでいけ!
コンプレックスなんて
飛んでいけ
皆で悩みもコンプレックスも 吹き飛ばそう!