寝起きの口臭について:悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ

寝起きの口臭について

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

今日はよくある「寝起きの時の口臭について」です。

今まで、色々書いてきましたとおり、口臭の原因となるものはさまざまです。

歯周病や虫歯や歯槽膿漏などの口膣内の疾患が口臭の原因となることもありますし糖尿病、胃潰瘍、胃癌などの身体的な疾患が口臭の原因であることもあります。

そのような治療すべき原因がある口臭の場合ももちろんあるのですが、口臭の原因の中には治療をする必要のない治療する事ができない?

誰でも起きうることを原因とする口臭があります。

そのうちの一つ代表的なものが、寝起きの口臭と呼ばれる口臭です。

寝起きの口臭とはどのような口臭なのでしょうか。

また、寝起きの口臭が起こる原因とはどのようなものでしょう。

寝起きの口臭とは、その名のとおり、起床した時のキツイ口臭のことで,この寝起きの口臭はどんな人にでも起こりうる種類の口臭です。

何故、寝起きの口臭が起きるのでしょうか。

それは、口臭の起こる原因の中に,口の中が乾いている場合に口臭が起こるという事と関係があります。

寝ている間には殆どの人が唾液の分泌がとても少なくなります。

そのことから、寝ている間に口の中はどんどん乾いていくことになります。

これが寝起きの口臭の原因となります。

人間の唾液には、ご周知の通り殺菌成分が含まれています。

寝ている間には唾液の分泌が抑制されているので口の中の細菌がどんどん増殖していくことになります。

このことが、起床したときの口の中がネバネバとネバついていて口臭がクサイ原因になり寝起きの口臭となるのです。

また、寝起きの口臭の原因となる以外に寝ている間の唾液の分泌の抑制のせいでどんどん増える細菌は、虫歯や歯周病なども進行させていくことになります。

そして,以前にも書いておりますが
歯周病が原因の口臭
歯槽膿漏が原因の口臭
虫歯が原因の口臭
虫歯や歯周病などが進行すると、さらに口臭がひどくなるので寝起きの口臭と併せてとてもキツイ口臭となってあらわれるわけですね。

寝起きの口臭は、特別な人ではなくどんな人にでも起こる可能性のある種類の口臭です。

この寝起きの口臭は、上記のように口が乾いているせいで雑菌が増殖しておこる口臭ですので起床後に歯を磨くなどすることにより、寝起きの口臭はなくなることになります。

また、寝起きの口臭を軽くする工夫としては出来る限り寝ている間に口のなかで増える雑菌の数を減らすため寝る直前に歯を磨くなどすることが効果的です。

また、寝起きの口臭がある場合の起床後には、朝食をとったあとに歯を磨くのではなく、まず起床したらいちばんに歯を磨くなどすることが寝起きの口臭の不快さをすこしでもやわらげる方法です。

また、寝起きの口臭を減らすために寝起きの口臭予防の液体などが販売されていますので、そのようなものを寝るまえに口に含んでゆすぐと、改善されるでしょう。

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

タグ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://mae-chan.com/mt/mt-tb.cgi/54

悩みなんか飛んでいけ!
コンプレックスなんて
飛んでいけ
皆で悩みもコンプレックスも 吹き飛ばそう!