胃が原因の口臭について:悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ

胃が原因の口臭について

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

今日は口臭の原因として多くの人たちが勘違いされている「胃が原因の口臭」についてです。

「口臭がすると、胃が悪いのでは?」と良く耳にしますが、実際は胃そのものが原因となる場合は少ないようです。

胃が悪いと口臭が強くなるということを聞いたことはありませんか?

本当に、胃が悪いせいで口臭がひどくなることはあるのでしょうか。

口臭にはいくつかのタイプがありますが、その中に舌苔(ぜったい)という舌に白い苔のようなものが生えることが原因で口臭が起こることがあります。

では、何故舌苔が生えるのかというと胃炎などを起こしていたりして胃が悪いと、このように舌苔が生える原因となります。

つまり、胃が悪いと口臭が酷くなるというのは、そこからきています。

しかし、胃が悪いから口臭が起こるということよりも普通は口臭は口の中の病気などに原因がある事が殆どだといえます。

その他には胃の調子が悪くなり、胃の働きが弱くなることにより血液中に老廃物がたまることがあります。

そのようなときには、肺から息の中にニオイが出ることはあります。

繊維質の多いものを摂ると、このニオイの原因となるものを排泄するので、この場合のニオイは消えることになります。

では、胃と口臭の関係は他にどのようなものが挙げられるでしょうか。

口臭の原因のひとつに空腹時、つまり胃がからっぽの状態のときには口臭がキツくなるというものがあります。

このことも、胃と口臭が深い関係にあると思われているひとつの要因です。

胃がからっぽの状態のときの口臭がきついのは、唾液の分泌がにぶっているせいかもしれません。

口臭は、口の中が乾燥して乾いているときにキツくなるといわれています。

そのため、胃の中がからっぽで唾液が分泌されていない状態だと口臭がキツくなるといえます。

このように、胃の調子が悪いせいで舌苔がつき,その舌苔が口臭の原因になっていたり胃がからっぽの状態で唾液の分泌が鈍り,そのせいで口臭がキツくなったりはします。

しかし、必ずしも胃の調子が悪いせいで口臭がキツくなるとはいえないようです。

口臭の原因となるもののほとんどは、やはり歯周病などの口膣内の疾患などによるものが多いようです。

しかし、胃が悪いことが口臭の直接の原因になっていると思っている人はとても多いようです。

しかし食道と胃の間には噴門部と呼ばれる部分があり、普段はこの部分が閉じられているので実際には、胃のにおいがゲップ以外であがってくるということは,ありません。

まれに、胃ガンなどの疾患がある場合には,口臭が出てくる場合がありますが普段は、胃が悪いことが直接の口臭の原因ではありません。

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

タグ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://mae-chan.com/mt/mt-tb.cgi/50

悩みなんか飛んでいけ!
コンプレックスなんて
飛んでいけ
皆で悩みもコンプレックスも 吹き飛ばそう!