歯槽膿漏が原因の口臭:悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ

歯槽膿漏が原因の口臭

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!

当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。

----------------------------------------------------

昨日、歯周病に関する事を書きましたが今日はもう少し突っ込んで歯周病の一つ「歯槽膿漏」が原因による口臭についてです。

歯茎から膿が出るという口膣内の病気、症状が歯槽膿漏と言われています。

この歯槽膿漏の膿が原因となり、歯槽膿漏口臭という酷い口臭が発生することがあります。

この歯槽膿漏口臭の原因は、歯と歯茎の間にたまったプラーク(歯石)です。

この歯石が多くなると歯茎に炎症がおきて、出血したり膿が出たりして歯槽膿漏口臭を引き起こす事になります。

歯槽膿漏に限らず歯周病などの口膣内の病気は酷い口臭をもたらすことがあります。

また、ひどい虫歯があると炎症や膿が出てくるので歯槽膿漏口臭のように酷い口臭が発生する事になるのです。

歯槽膿漏口臭の原因は、その名前の通り歯槽膿漏による膿などです。

そのため、歯槽膿漏口臭を治したいと思うならば、その原因である歯槽膿漏の治療を行う必要があります。

歯槽膿漏口臭の原因となる歯槽膿漏は、歯磨きをする際に歯茎から出血をしたり歯茎が赤く腫れていたりなどということから歯槽膿漏の疑いがわかります。

歯槽膿漏口臭の原因となる歯槽膿漏は、歯茎に炎症がおきている「歯肉炎」、歯槽骨まで炎症がおきている「歯周炎」のふたつを合わせたものです。

歯槽膿漏口臭の原因となる歯槽膿漏は、日本人の大人の8割が持っていると言われる口膣内の疾患です。

歯槽膿漏が酷くなると歯槽膿漏口臭が酷くなるばかりではなく、最悪の場合には、歯そのものを失う原因にもなるので早めの治療が必要な疾患です。

このように、歯槽膿漏は歯槽膿漏口臭の原因であるだけではなく心臓病などの疾患にも関係してくるほどの口膣内の病気です。

歯槽膿漏になってから治療をするのではなく、普段から歯槽膿漏にならないためのケアが必要となります。

歯槽膿漏の予防に一番効果的なのは、やはり丁寧な歯磨きになります。

しかし、歯並びなどの問題などにより歯磨きがうまくできない場合などもありますので、そのような場合には歯科医に定期的に歯垢を除去してもらうケアなどをしてもらう事が大切となります。

歯槽膿漏は、歯槽膿漏口臭を引き起こすだけではなく、歯茎が腫れるなど見た目にも影響をおよぼす疾患です。

口臭がひどくなってきて歯槽膿漏を疑うようになったら、早めに受診して治療を受けることをおすすめします。

また、ひどい虫歯を放っておくとそこから雑菌がわいて歯槽膿漏に発展することも珍しくはありません。

虫歯を防ぐにも丁寧なブラッシングは欠かせません。

普段からきちんと歯磨きする習慣をつけておきましょう。

そして、たとえ虫歯が無くても定期的に歯科医に検診に訪れ、口内チェックをやる事によって、長い人生いつまでも自分の歯でものを噛み、食べる事ができるでしょう!!

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

タグ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://mae-chan.com/mt/mt-tb.cgi/37

悩みなんか飛んでいけ!
コンプレックスなんて
飛んでいけ
皆で悩みもコンプレックスも 吹き飛ばそう!