2009年1月の記事一覧:悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ

フケ症予防にストレス発散

フケ症に悩みやコンプレックスを抱える方へ、フケ症予防として、洗髪の重要性と生活習慣の見直しについて今までご紹介しました。

今回は、これも重要な予防法になるでしょう!

ストレス発散」について書いてみようと思います。

フケ症の原因と言われる一つにストレスもあります。

現代の生活では色々な所で取り上げられる「ストレス」ですが、生活していく中で避けては通れないものになっています。

自分では全く気付かないで「ストレスなんて無い」と言っている人も少なからず何らかのストレスを感じています。

ここでフケ症予防としてストレスを全く無しにする事は難しいと思います。

しかし、ストレスを軽減させるという事が大事なのです。

趣味がある人なら、それほど問題はないでしょう。

趣味を楽しむ事によってストレスも軽減されるでしょう!

しかし、無趣味の人は少なく無いですよね、そんな方はストレス発散を意識して行う事も必要では無いでしょうか?

何をやったらいいのかわからない人にはランニングなどオススメですよ。

トレーニングでは無いですからそんなに早く走る必要もありません。

自分の出来る範囲で楽しむ事ができたらいいですね。

あと、睡眠も大事です。

人間はやはり睡眠により体力回復だけでなく、精神も休ませる事ができます。

やはり、運動と睡眠がストレスには最も効果があるようです。

さぁ皆さんもストレスを発散させて、フケ症予防始めましょう!

タグ

フケ症予防に生活習慣の見直しを

前回まで、フケ症に悩みやコンプレックスを抱える皆さんの予防策として洗髪の重要性と方法について書いてきました。

以前、ご紹介したフケ症の原因で最も大きなものである「生活習慣

フケ症を予防する為にも生活習慣の見直しは大きな効果が得られます。

しかし、皆さんもご存知の通り、永年自分でリズムを作って習慣としてしまっているものを今すぐ短期間で改善する事は難しいですね。

しかし、フケ症を治療、予防するためには必要ですので、何とか頑張って達成していきましょう!

フケ症に悩まない明日を夢見て、苦しくなったら常にフケ症の辛さを思い出したりする事も良いと思います。

では、生活習慣の見直しとは具体的に何をやれば良いのでしょうか?

一番メインの事はやはり食生活の見直しです。

フケ症予防としては
油分をなるべく抑える。
ビタミンBを豊富に摂る。
の2つがポイントです。

フケ症の原因である皮脂は当然脂肪が分泌されているわけですから、体内に余分な脂肪があるという事は、皮脂の過剰分泌に繋がりますよね。

また、ストレスもフケ症の原因になることからビタミンBを多く摂ると良いと言われています。

ビタミンB不足はストレスを貯める要因になると言われていますから。

生活が荒れていれば、ストレスが溜まり、身体に余計な負荷が掛かり、体調も悪くなり、栄養が偏り、回復が遅くなり、当然ながら全身に悪影響を及ぼします。

とかく、頭というのは生活習慣の乱れに敏感な部位なので、この生活習慣の乱れというのはフケ症の大きな要因と言われています。

よって、ここを改善しない事には、例えどれだけ頭皮をケアしたとしても、フケ症を予防する事は困難でしょう

タグ

フケ症予防の洗髪も洗いすぎには注意です

フケ症の予防として洗髪が一番効果的だという事は既にご紹介しましたね。

そして注意点も・・・

そんな中、フケ症に悩みやコンプレックスを抱えているという人たちは、洗髪の回数を多くしがちです。

もちろん気持ちはわかります。

予防には洗髪が第一と聞いて、少しでも早く治したいという気持ちから洗髪を多めにやってしまうのでしょう!

しかし、洗いすぎには注意が必要です。

フケ症の人は朝頭を洗った場合でも夜にはフケが出てきてしまいます。

しかし、洗髪の方法が悪いからとは一概には言えません。

フケ症とはご存知の通り、皮脂の過剰分泌による細菌の大量繁殖による原因が多いため、たとえしっかりと洗髪したとしてもその後にフケは出てしまうという事です。

当然、そうなると朝だけでなく、一日に何度も洗えば良いのではないだろうか?

と考えてしまいますよね。

しかし、これが悪影響を及ぼす事も多いのです。

フケ症予防の洗髪方法」でも書いたとおり、頭を洗うと、少なからず頭皮に刺激を与えます。

それを一日何度も行なうことで、頭皮を痛める原因となりかねないのです。

そして、フケ症にはタイプが逆の乾燥タイプのフケ症もあります。

そんなフケ症の方が何度も頭を洗う事はそれこそ、逆効果です。

洗髪の回数は、フケ症の原因や程度など、人それぞれで一概に何回がベストだという事は言えません。

自分の症状をしっかりと把握し、たとえフケ症予防の為の洗髪でも洗いすぎには注意するようにしましょう!

タグ

フケ症予防の洗髪方法

前回の「フケ症予防には洗髪」で、フケ症の予防として洗髪が効果的だという事はご紹介しましたね。

しかし、単に洗髪と言っても洗えば良いというものでもありません。

今回は「フケ症予防の洗髪方法」を書いてみようと思います。

基本は頭皮に刺激を与えないようにする事です。

そして、ぬるま湯を使うと良いと言われています。

頭皮というのは、思った以上に敏感で刺激を受け易い皮膚の一つです。

高温のお湯をいきなりかけただけでも頭皮への刺激は強いものとなってしまいます。

シャンプーなどで洗髪する前にぬるま湯で頭皮を馴染ませておくと刺激は最低限に抑えられるでしょう!

そして、シャンプーも我武者羅に擦れば良い、泡立たせれば良いという訳でもありません。

できるだけゆっくり、優しく髪全体に馴染ませましょう。

髪の毛の汚れはシャンプーをつけて撫でるほどで落ちてしまいます。

一番重要なのは、洗う際の手の使い方です。

爪を立ててゴリゴリとこするように洗うのだけ早めましょう。

また、フケ症の方は、爪を立ててフケをはがそうという意識に囚われてしまいます。

しかし、全く逆効果です。

結局、頭皮を痛めてしまう事になり、フケ症の悪化を招いてしまうことになってしまいます。

洗う際はマッサージをするような心持ちで、頭皮をいたわるように手を動かすようにしましょう。

洗い終えたら、シャンプーを洗い流します。

この、すすぎも重要です

決してすすぎ残しなどが無いように徹底しましょう!

最近はシャンプーも多種類発売されており、中には頭皮に優しいものもあります。

しかし、基本的には洗剤なので、汚れを落とす事を重点的に考えて作ったものが多数を占めます。

そういう強い成分を含むシャンプーが長時間頭皮に付着していると、頭皮を痛める元となります。

かならず、しっかりと洗い流しておくように心がけましょう。

タグ

フケ症予防には洗髪

今回から、フケ症の予防に関する事を書いていこうと思います。

まずは、「洗髪」です。

予防といってもフケ症の場合は完全に予防できるものは無いとも言われています。

これは、その原因がウィルスなど特定のものではなく、体質的な事も関係するからなのですが、だからといって予防が全く無意味のものでもありません。

予防する事によりフケ症を重度から軽度に軽度の人は症状すら抑える事ができると思います。

つまり、フケ症に関しては、予防をする事がとても重要という事になります。

そこで、フケ症予防として最も効果、即効性があることが洗髪です。

そして、その洗髪の方法も問題になってくるのです。

洗髪といえば、頭を洗う事ですから当然、擦ったりしますよね。

しかし、思った以上に敏感な頭皮、たわしでタイルを洗う感覚では駄目ですよ(^^ゞ

特にフケ症予防を考えた場合、頭皮の痛みは逆にフケ症の原因になってしまう事は以前にもご紹介しましたね。

そうなってしまっては、何をやっているのか本末転倒という事です。

フケ症予防の洗髪で大事な事は頭皮を刺激しすぎないという事です。

強く洗ったからといって、皮脂の分泌量が抑えられる事はなく、むしろ増えてしまいます。

フケ症の人は、頭に脂が多量に付着している状態なので、強く洗いがちです。

この気持ちはわかりますが、しっかりとそれを抑えるようにしましょう!

強く洗わなくても、しっかりとシャンプーを使って洗えば、フケは取れます。

そして、シャンプーのすすぎ残しも頭皮には悪影響です。

すすぎも丁寧に行うように心がけましょう!!

日々のケアが大きな差になってきます。

がんばりましょうね!!

タグ

フケを良く見てフケ症チェック

前回、「自分でできるフケ症チェック」で簡単にフケ症をチェックする方法についてご紹介しましたね。

今回もフケ症のチェックについて書いてみようと思います。

フケ症は早期発見、早期治療が最も効果的だという事は理解していても初期段階で見つける事が出来難い点が早期治療を困難にしている原因でもあります。

そんな中で最もフケ症であると判断しやすいのは、フケそのものです。

誰でも少なからずフケは出ます。

それは私たち人間の身体が新陳代謝を行っている限り大切な事で異常ではありません。

そのフケをよく見てみましょう!!

もしも、フケが固まりになっている場合は、皮脂が過剰分泌されてフケを固めているという状況です。

このような状態の場合は、まず間違いなくフケ症という事になるでしょう。

そして、その他では、頭がすぐかゆくなるかどうか、という点が挙げられます。

これも原因は皮脂の過剰分泌です。

皮脂を栄養源とする頭皮の菌が大量繁殖し、その際にかゆみが生じているのです。

大量に繁殖した菌は、他にも頭皮に悪影響を与えてしまいます。

皮膚の炎症や荒れもそれらによって引き起こされる場合が多いようです。

また、これらは殆どがかゆみを伴いますので、かゆみを感じたら要チェックという事になりますね。

しかし、こういった炎症が進むと、かゆみを通り越して痛みになる場合があります。

痛みを感じる場合は、もう病院に行かなくてはならないレベルの炎症です。

脂漏性の炎症を疑わなくてはなりません。

ここまでくると、フケ症というよりはもう立派な要治療の病気なので、医師の処方に従い治療を行う必要があるでしょう。

こういった複数の項目を全てチェックする事で、フケ症かどうか、またその程度を知る事ができます。

是非チェックするようにしてみてください。

タグ

自分でできるフケ症チェック

フケ症に悩みやコンプレックスを抱える人は最近でも増えてきているようです。

原因や症状については何度かご紹介しましたね。

しかし、フケ症という事に気付いて対処する事は既に進行が進んだ後である場合が多く、治療にも時間がかかります。

できる限り早く対処し始めたいものです。

フケ症の症状が少し分かり難い点もあって、中々自分でフケ症と自覚できない場合が多いようです。

今回は「自分でできるフケ症チェック」の方法をご紹介しようと思います。

以下の項目の複数が当てはまる人はフケ症の可能性が大きいと言われています。

洗髪の回数が少ない
(髪は基本的に毎日洗った方が良い、回数が少ないとその分フケがたまり易い)

顔が脂っぽい、脂の量が多い
(皮脂が多いとその分、菌が繁殖しやすい)

頭がすぐ痒くなる
(皮脂の関係が大きい)

頭皮が赤くなりやすい
(脂性の人がなりやすい、肌の弱さもある)

頭皮が痛む
(脂性の人がなりやすい、肌の弱さもある)

フケが固まりになりやすい

基本的には、やはり脂との関係が大きいですね(^^ゞ

清潔にし体質改善を行っていく事がベストになりますね。

いずれにしても、何度も書いておりますが、
早期発見、早期治療が大事になってきます。

 

タグ

フケ症はすぐには治らない

フケ症は、治したいと思ってもすぐには治らないと言われています。

それは、色々な原因が影響しているのですが、では、実際には何故、すぐに治らないのでしょうか?

当サイトでも、フケ症の原因から改善方法などを書いてきましたが、やはりフケ症を治す為には生活習慣の見直し、改善が一番です

しかし、生活習慣を見直したから、改善したからと言ってすぐに治らない所がフケ症の難しいところです。

中には、規則正しい生活をし、正しいケアを行っても5年や10年経ってようやく改善したという方もいらっしゃるようです。

そして、たとえ完治したからとしても、生活習慣が乱れるとすぐに再発してしまう場合も多いようです。

風邪などのように病原菌があってそれを退治すれば済むものでは無いので、本当に厄介ですね。

皮脂が過剰に分泌される状況であれば、すぐになってしまう病気です。

それは、体質的な物もあるので、そう簡単に治るものではなく、そう簡単に健常な状態を確保できるわけでもありません。

フケ症は、肉体的苦痛に関してはほとんどありませんので、気にしない人は全く気にしないかと思います。

ただ、やはりフケというものは不衛生なものであり、そんな不衛生なものが他人にさらされるというのは、精神面で相当辛いと思う人が多いでしょう。

清潔さを保つというのは、なかなかに難しい事だとは思いますが、強い意志と継続で是非、完治できるように日々の生活をしっかりとやっていきましょう!

フケ症はすぐには治らないものですが、必ず完治は出来ると思います。

タグ

悩みなんか飛んでいけ!
コンプレックスなんて
飛んでいけ
皆で悩みもコンプレックスも 吹き飛ばそう!