2008年12月の記事一覧:悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ

シャンプーがフケ症の原因

フケ症の原因についてはさまざまなものがあるとご説明しましたね。

今回は少し驚かれるかもわかりません。

なんと、シャンプーです。

清潔感のイメージのあるシャンプーが実はフケ症の原因の一つでもあるのです。

シャンプーといえば、髪を洗うものですよね。

もちろん同時に頭皮も洗っていますよね。

フケなどもキレイになりますし、フケ症の原因でもある頭皮の皮脂や菌も洗う事ができます。

フケ症の改善と思いますよね。

それが、何故、フケ症の原因になるのでしょうか?

あまり意識されていませんが、シャンプーには色々な種類があって人との相性もあるのです。

それを間違えるとフケ症の原因になってしまうという事です。

シャンプーはラウレス硫酸ナトリウム、保湿剤、増泡剤、防腐剤など、様々な材料を成分としており、その中にもしかしたら皮膚と合わない成分が混じっている可能性もあります。

その場合、シャンプーは洗髪の為の洗剤から一転、頭皮を痛める要因となります。

頭皮が痛めば、その分新陳代謝を早めてしまい、フケも増えてしまうという事です。

しかし、この現実を知らない人が多いのです。

シャンプーやリンスが頭皮を痛めるという事など知らないので、どんどん、キレイにしようと思ってさらに使用し悪循環のスパイラルに入っていくのです。

フケ症が悪化したとしても、その原因がシャンプーとは中々気付かないと言われているので、発見も遅れる傾向が強く、数あるフケ症の原因の中でも一番特定が難しいものと言えます。

しかし、解決策に関しては簡単です。

シャンプーやリンスを別のものに変えるだけですから。

専門医に一度見せるのが一番早いですが、今お使いのシャンプーあなたに合っていますか?

一度、見直す事を考えられても良いかもわかりませんよ(^^ゞ

タグ

不衛生な生活がフケの原因に

前回、「生活習慣の乱れがフケ症に」で生活習慣の乱れが、皮脂の過剰分泌を引き起こし、それがフケの原因となっている事はご紹介しましたね。

人それぞれの生まれ持ったものもありますが、生活習慣の乱れによる影響は思った以上に大きいようです。

今回は、それ以外のフケの原因の一つについて書いてみようと思います。

それは、衛生面です。

不衛生な生活は、フケ症の原因にもなっているのです。

フケ症の人を見ると衛生的には見えませんよね。

どちらかというと、不衛生のイメージです。

もちろん、「フケ症=不衛生」とか「不衛生=フケ症」という訳ではありません。

清潔に衛生的にしている人でもフケ症に悩まされる事はあります。

しかし、洗髪、洗顔、入浴をあまりしていない、あるいは全くしていないという場合は、当然ながら皮脂も溜まりますし、分泌量も増えていきます

皮脂の分泌量が増えればフケ症になりやすいという事は既にご説明しましたね。

フケ症の悩みを解決しようと思っておられるなら、生活習慣に合わせて、不衛生な生活も見直すようにしましょう!

不衛生な生活はフケ症の原因になるだけではなく、それ以外の面でも人間の体に悪影響を及ぼす事は間違いありませんから・・・

タグ

生活習慣の乱れがフケ症に

フケ症の原因の一つに菌である癜風菌の大量発生が影響しているという事は「菌が何故フケ症の原因に」でご紹介しましたね。

では、何故、菌が大量発生してしまうのでしょう!

皮脂の分泌が関係しているのですが、その皮脂の分泌と大きな関係がある事が「生活習慣」なのです。

今回は、「生活習慣の乱れがフケ症に」という事で、その生活習慣の乱れについて書いてみようと思います。

生活習慣の乱れ、睡眠不足や食事時間、ストレス、体調など多くの事が影響すると言われています。

そのほかにも性別や体質、生まれ持ったものなども原因の一つと言われています。

フケ症というと男性に多いですよね(^^ゞ

それは、男性の方が女性よりも皮脂の量が多い事に関係しています。

性別によって皮脂の分泌量が変わるという事に関連し、ホルモンバランスの乱れによる過剰分泌も考えられます。

男性ホルモンが多くなる事で、こういった症状が生まれるといったところです。

また、ビタミンBの不足に関しても、指摘されているようです。

こういった症状は、全て生活習慣の乱れが原因となっています。

ホルモンバランスにしても、ビタミンBの不足にしても、生活習慣が乱れている故に起こる事と言えます。

つまり、フケ症の原因は、生活習慣の乱れであると考えても差し支えないでしょう。

タグ

菌が何故フケ症の原因に

前回の「フケ症の原因(菌)」でフケ症の原因の一つに菌があるといわれている事はご紹介しましたね(^^ゞ

では何故、菌がフケ症の原因になるのか?

今回は「菌が何故フケ症の原因に」として、その辺りを書いてみようと思います。

フケ症の原因の一つである、皮脂を栄養としている菌の大量発生。

何故、菌の大量発生が、フケ症の原因となるのでしょう?

医学的には、この菌を、癜風菌(でんぷうきん)と呼んでいます。

この癜風菌は、カビの一種と言われています。

つまり、頭の上にカビが生えている状況です。

ただ、前回にも掻きましたが、人間の身体には菌・カビの部類は常に付着していて、それ自体は正常な事です。

しかし、このカビが大量に頭皮に繁殖し付着していると、皮脂が必要以上に分解されていきます。

この菌は皮脂を脂肪酸に分解するのですが、そうする事によって頭の角質の新陳代謝が異常に早まってしまいます

これが、フケ症の原因と言われる所以です。

新陳代謝が早いことは良いことだ、と思う方もいるかもしれませんが、正常な状態ではない上に、決して見た目がよくないので、良いことはありません。

早期対策と治療が大事になってきます。

体にとって正常な事と何度も書いていますが、その度が過ぎると、それは決して正常な状態では無いという事を頭にいれておかなければなりません。

 

タグ

フケ症の原因(菌)

フケ症に悩みやコンプレックスを抱える人たちのお力になれればと、フケ症に関する事を書いてきています。

フケ症は、重度にもなるとハッキリとした病気である事はご紹介しましたね。

では、その原因となるものは何なんでしょうか?

これが、困った事に一つの原因では無いようなのです。

今回は、その中の一つについて書いてみようと思います。

菌と聞くと特別な感じを受けると思いますが、私たち人間の体には実は無数の菌が住み着いています。

その事自体は逆に正常な事ですので何の心配もありません。

では、何故、菌が原因となるのでしょうか?

フケは、頭皮の皮脂が新陳代謝によって古いものから新しいものに入れ替わる際に、古い頭皮がはがれたものです。

もちろん、これは人間の体にとって必要な事ですよね。

問題は、その頻度と量です。

フケ症と言われる人の場合、必要以上に皮膚が剥がれてしまいます。

頭皮に皮脂を分泌する為の皮脂腺というものがあります。

そして、この皮脂を栄養源としている菌もそこにいます。

フケ症の場合は皮脂の分泌量が多くなる事で、頭皮の皮脂腺に付着している菌が大量に繁殖しているのです。

悪循環ですが、これがまた、フケ症の原因の一つとされているのです。

タグ

重度のフケ症について

軽度のフケ症について」で少し掻きましたが、フケ症は、段階を追って程度が増していきます。

今回は「重度のフケ症」について書いてみようと思います。

軽度のフケ症から、どんどん症状が悪化してきたことを重度のフケ症として話をしますね。

重度と言っても症状は人それぞれです。

毎日、フケを見るという人は立派な重度だと思います。

生活している部屋がフケだらけなんて、想像したくも無いですが、実際に重度のフケ症の場合はあり得る事なんです。

この状態になると出てくるフケだけではなく、身体にも変化が現れます。

肌が荒れたような状態になり、赤く炎症したような状態になります。

これが、フケだから頭皮と思ってしまいますが、重度になってくると顔や耳まで荒れた状態になってきます。

さらに進行すると背中まで侵食していくようです。

ここまで来ると、フケ症というより皮膚の病気と診断されるでしょうね。

フケ症は、こういった重度な状態になる前に、予防、もしくは治療していきましょう

重度になるとそれだけ、治療に時間と難しさを要します。

早期治療が鉄則ですね。

タグ

軽度のフケ症について

以前に「フケ症の種類」として、フケ症には種類があることはご紹介しましたね。

しかし、その種類の中にもまた軽度、重度のようにその症状の程度によっても分けられます

そこで、今回は「軽度のフケ症」について書いてみようと思います。

軽度のフケ症とは、どのレベルかというと、少しフケが気になるといった程度です。

フケ症とは全くの無関係という方でも一度くらい頭を掻いたらフケが出た事はあると思います。

この場合、自分がフケ症であるという自覚をすることは少し難しいかもしれません。

軽度のフケ症の場合、毎日頭を洗って清潔にしていれば人から指摘されるほどの量が頭から落ちてくるという事はないでしょう。

軽度だからと安心してしまう人が多いのですが、これが実は重度のフケ症への前段階という事もあるんです。

フケ症の進行は、段階を追って進むと言われています。

いきなり、重度のフケ症になるものでは無いのです。

つまり、軽度のフケ症は、重度のフケ症へのステップ段階と言える場合もあるのです。

脂漏性皮膚炎、すなわち脂漏タイプのフケ症の場合は、この軽度の段階でも対処を行う必要があります。

少しの量だから安心していると痛い目に合います。

大半の病気で言える事ですが、やはり、早期治療は大切で治す事も簡単な場合が多いです。

自分を清潔に保ちたいならば、早め早めのケアを心がけましょう。

タグ

フケ症の種類

フケ症で悩みやコンプレックスを抱える皆さんが、それを克服しようと思うのなら、まず自分の症状を良く知る事は大事な事です。

フケ症と一言で表されていますが、その中にも種類はあります。

全てが同じような状況であるとは限りません。

種類は大きく分けて二つのものに分けられます。

種類によって、治療方法や予防方法が変わってきますので注意が必要です。

フケ症は、乾燥タイプと脂漏タイプに分かれます。

【乾燥タイプ】

乾燥タイプは、パラパラと乾いた感じのフケが出る状態の方です。

この場合、洗髪をしすぎたり、無理に頭を強く掻いたりした場合に、こういったフケが出ます。

よって、フケ症ではないのにフケで悩んでいるという方も、このタイプに入ることになります。

そういう意味では、比較的予防しやすい部類と言えるかもしれません。

【脂漏タイプ】

頭皮に皮脂が多量に分泌し、頭を掻くと爪の中にフケが溜まっている、といった状況になっています。

フケ症の方の多くが、この脂漏タイプのフケ症です。

こちらは、本格的な予防や治療を行わないと、なかなか治らないでしょう。

それぞれ、全く違う事がわかりますね。

乾燥タイプの場合は、頭を掻きすぎない、頭を洗うときに強くしすぎない事を心がけるだけで解消されるというケースが多々あります。

それに対し、脂漏タイプの場合は、本格的なフケ症と考えて良いかと思います。

男性の場合は大抵脂漏タイプです。

ベタベタしているので、嫌悪感はかなり強くなってしまいます。

自分がどちらの種類のフケ症に属しているのか、しっかり把握した上で予防や治療方法を探すようにしましょう。

タグ

フケ症とは

前回、「フケとは」でフケについてご紹介しました。

では、皆さんが悩みを抱える「フケ症」とはいったいどういうものなのか、今回ご紹介してみようと思います。

前回にも書きましたが、フケ自体は人間の体において特別な事ではなく、極自然な事です。

皮膚に起こる新陳代謝が頭皮で起こっているだけで、逆に新陳代謝を全くしない方が問題ですね(^^ゞ

しかし、問題はその量です。

フケの量によって、フケ症であるかどうかという事です。

では、「どれくらいの量でフケ症なの?」

という事になりますが、実際には明確な基本数などあるわけでは無いのです。

一般的には、しっかり頭を洗っているのに、その日のうちにフケが出てきてしまうぐらいの症状の事をフケ症と呼んでいます。

また、どれだけ頭を掻いても、際限なく出てきてしまう。

こういった場合、フケ症と呼ばれることが多いようです。

フケ症は決して悪い事ではありません

しかし、どうしても不潔さから他人に不快な思いをさせてしまう事から、本人の悩みは大きいものです。

悩み解決の為に、治療や予防に関しては常に頭に入れておき、実行していく事が大事なのでは無いでしょうか?

タグ

フケとは

フケとは?

フケ症で悩みやコンプレックスを抱えている方が何か対策を!と考えた場合、まず、フケそのものをしっかりと理解しておく事が大事ですね。

そして、そこがスタートだと思います。

フケは漢字では「頭垢」と書きます。

その字からも想像できますが、頭の皮膚から発生する、うろこ状の白い老廃物、頭皮に生じた垢(あか)の事です。

頭をかくと際限なく白い粉のような物が出てくる方もいますよね。

新陳代謝によって、頭皮上に存在する古い角質細胞が乖離したもので、垢と同じと思って良いと思います。

垢ですから、フケが不潔である事は明確ですね。

老廃物を新陳代謝によって外に出すというのは、人間の体において極めて正常な事です。

決してフケが出る事は体がおかしいとか、異常であるという事はありません。

しかし、他人の老廃物を見て、なんとも思わないという人はあまり多くないでしょう。

自分自身にしても、老廃物が頭を掻くたびに出てくるというのは、決して良い状況とはいえませんよね。

フケそのものは、決して有害な物ではありませんし、異物でもありません。

しかし、自分も含め、人に不快感を与える物である事は間違いありません。

対策方法は色々ありますが、自分の症状をしっかり把握して自分に合うものを続けていけば効果もあると思います。

タグ

清潔感とフケの関係

今回から、新しい悩み・コンプレックスとして「フケ」について書いてみようと思います。

フケ症で悩んでいたり、コンプレックスを抱えられている方は是非、参考にしていただきたいと思います。

最初の今回は、「清潔感とフケの関係」についてです。

私たち人間には大事にしているものの一つに清潔感というものがあるのではないでしょうか?

逆に清潔感のない方は、他の人に煙たがられたり、忌避されるものですよね。

清潔感があるだけで、その人は良く思えたりしますよね(^^ゞ

これは、人間の本能なのでしょうか?

殆どの人が清潔感は好きですし、大事にしていると思います。

では、どういった人が清潔感のない人と言われるのでしょうか。

人間は、他人の清潔感に対しては基本的に目と鼻でそれを感じます。

触ったり、食べたりなんて事は少ないでしょうから(^^ゞ

特に臭いには敏感なのではないでしょうか?

貴方も、気になる異性が異臭がするとなれば少し見方も違ってきたりしませんか?

これは、人間にとって、自然な事なんです。

ですから、できる限り臭いに関してはケアしなくてはなりません。

そして、目、すなわち見た目に関しても、同様に気を配る必要がありますね。

一目見て汚いと感じてしまう場合は極端な例ですが、よく耳にするのがフケですね。

肩や頭髪にフケが付いていたりしたら、誰もが良い感じを受けないでしょう。

そんなフケに悩む人は現代の日本では約2人に1人もいると言われています。

特に中年男性に多いようですが、中学生や高校生でもフケに悩む人は多いようです。

フケのケアはしっかりしているのに、フケ症だからどうしても出てきてしまうというのは、当人達にとっては、とても深刻な悩みなのです。

これから、フケに関する色々な事を書いていこうと思います。

少しでもフケ症に悩む方々の参考になりますように(^^♪

タグ

薄毛対策としての増毛

長い間、薄毛に悩みやコンプレックスを抱える方への対策として「増毛」についてご紹介してきましたが、今回でとりあえず最後にしようと思います。

このサイトでも以前に書いた通り、増毛にはメリットもあるのですがデメリットもあります。

一番気になる点としては、やはり増毛した部分の自毛に関するものではないでしょうか?

自毛ですので、もちろん伸びたり抜けたりしますからね(^^ゞ

まず、増毛をした部分の自毛が伸びていく事に関してですが、最初は自毛の根本部分に増毛していくのですが、その自毛が伸びると当然ですが増毛してある部分が頭皮から離れて行ってしまいますよね。

そうなると、ヘアスタイルも変化してしまいますし、何よりも不自然で他人からもおかしく思われてしまうかもわかりません。

そういう事をカバーする為に増毛にはメンテナンスが必要になってきます。

結び目を根元の部分に移動させるんです。

増毛を考えられている方は、増毛というのは1度で完成ということではないことを覚えておくといいかもしれません。

次に自毛が抜けた場合です。

自毛に結んであるわけですから、その自毛が抜けると増毛している人工毛も一緒に抜けてしまいます

悲しい事ですが、その部分がかなり抜けたような印象になってしまいます。

これも、メンテナンスでカバーしていきます。

これらの事でわかると思いますが、増毛にはメンテナンスが大事という事です。

最近では、メンテナンスもセット料金というものもあるのですが、やはり費用は発生してしまいます。

増毛を維持するのにお金が必要という事も理解しておいた方がよいでしょう!

タグ

増毛剤とは

今回は「増毛剤とは」という事で、少し詳しく書いてみようと思います。

薄毛に悩みやコンプレックスを抱える方なら増毛剤という言葉はご存知だと思います。

増毛剤とは、髪のボリュームを持たせるように作られた着色剤の事で一般的にパウダー状やスプレータイプのものが多く市販されています。

髪の毛が薄くなっている部分や地肌が目立ちやすいような髪の毛の分け目の部分などに振りかけて使用します。

増毛剤のメリットは何といっても手軽さと即効性では無いでしょうか?

外出時に素早く気になる部分に振りかけるだけで簡単に増えたように見せる事ができます。

またこの増毛剤は、シャンプーをすれば簡単に落とせますから髪を傷めることもないと思います。

しかし、もちろんデメリットがあります。

水に弱いという事です。

雨はもちろん、自分の汗でも落ちてしまう場合もあります。

スポーツをする前や大量の汗をかくとわかっている時にはできれば増毛剤の使用は避けた方が良いと思います。

増毛剤はメリットとデメリットがとてもはっきりしていますから、そこを理解して上手に使用すればとても重宝するものではないでしょうか?

タグ

増毛スプレーは効果あり?

薄毛に悩みやコンプレックスを抱えるの対策としての増毛を色々とご紹介してきましたが、皆さんは増毛スプレーというものがあるのをご存知でしょうか?

増毛といえば今まで書いてきた自毛に人工毛を結んでボリュームをアップさせるものだと思ってしまいますが、少し変わった方法として増毛スプレーや増毛剤というものがあります。

これは、髪の毛を生やそう、髪の毛を増やそうということに対するものではなくて、抜け毛で薄くなっている部分にスプレーを吹き付けるだけで髪の毛がたくさん生えているように見えるようになるというものです。

増毛剤や増毛スプレーは黒い霧状のもので繊維になっているようなものが入っていて薄くなって目立った頭皮を隠すために増毛させるということを目的にしているのが増毛スプレーや増毛剤です。

メリットは、手軽に簡単に出来る事

そして、デメリットは取れやすいという事です。

雨に濡れた地り、時には自分の汗でも流れ落ちてしまう事もあります。

そして、近くで見られた場合には、気付かれてしまうという事もあるようです。

このように、デメリットもありますが、この手軽さは人気の秘密ですね。

タグ

増毛のプロピアについて

今回は、最近とても有名になりましたね「プロピア」について書いてみようと思います。

アートネイチャーアデランスの2大メーカーにTVCMで猛追して名を売ってきたプロピアです。

プロピアでは色々な増毛の方法を研究して自分にあったぴったりの増毛方法を行ってくれます。

プロピアの特徴としては、無段階増毛と呼ばれてるもので、自然に、自分の好きな髪型にして増毛することが可能な事です。

自分の生活環境や今の状況、希望に応じて増毛の方法を選ぶことができるというのがうれしいですね。

また、無料体験も試すことができます。

一度に増毛すると周囲にばれてしまいますから少しずつ増毛させたいという人も多いと思いますが少しずつ増毛させるために時間をかけることもできます。

プロピアで人気の増毛といえば自毛につける精密増毛のミクロハイパー増毛が人気です。

こちらは特許を取得している増毛方法なのですが、とても薄いシートを使ってたくさんの増毛が可能になりました。

コマーシャルなどでもプロピアのミクロハイパー増毛法を見たことがあるという人も多いのではないでしょうか。

そのほかにも、ファインステッドという方法もあるのですが、こちらは増毛したままもちろんシャンプーもできますし、自由に取り外すことができる方法ですから、かつらと増毛のメリットだけをとったような商品です。

タグ

増毛のアデランスについて

増毛といえばアデランスをイメージする人も多いのではないでしょうか?

今回は、有名な「アデランス」についてです(^^ゞ

アデランスといえばピンポイントフィックスが人気がありますね。

この増毛方法は、健康な自分の髪の毛1本に対してサイバーヘアをつけていくという方法です。

メリットは、自分の髪の毛を使った増毛法なので自然な感じに仕上げることが可能という点です。

健康な自分の髪の毛1本に対してサイバーヘア12本を結びます。

そして、特徴なのが増毛後にシャンプーやスポーツをしても平気で安心というところです。

自分の思い通りに増毛するスペースを考えることができますからとても自然な仕上がりになるのがピンポイントフィックスの増毛の特徴だと思います。

アデランスには、他にも、ヘアフィックスという増毛方法もあります。

こちらは、髪の毛の分け目や極端に目立っている薄毛の部分に行う増毛で、髪全体にはする必要はないけど部分的に必要だと思っている人にぴったりの増毛方法です。

気になっている部分だけを集中してできますからうれしいですね。

広範囲でも短時間で増毛可能で水泳やスポーツなどをしても安心して楽しむことができるのがアデランスの増毛方法です。

タグ

増毛のアートネイチャーについて

今回は、増毛では有名な「アートネイチャー」について少し書いてみようと思います。

薄毛に悩む人はもちろんですが、薄毛対策に興味の無い方でも名前は知っているでしょうね。

TVCMなどでも頻繁に放映されていますからね・・・

アートネイチャーというのは、日本で最初に増毛法を研究開発したところとして有名です。

アートネイチャーの増毛法といえばマープ増毛法が有名ですね(^^ゞ

これはアートネイチャ独自のノウハウを使って毛の流れや毛の調整をするのがマープ増毛です。

マープ増毛と一言で言ってもいろいろな種類の増毛法がありますから自分の増毛に合わせて選ぶことができるようになっています。

そして他にもアートマックスという増毛法があります。

人工毛はどうしても自毛に比べると手飼ってしまったり濡れた時の質感の違いがわかりやすいのがデメリットなのですが増毛用に作られた人工毛を使って増毛しますから違和感なく自然な増毛の仕上がりになるといわれています。

他にも男性だけでなく女性向けのレディースアートネイチャーもあります。

こちらは髪のラインに合わせてブラッシングすれば髪の毛を素早く増毛することができるというもので、今までのネットタイプとは違って自然に簡単に増毛できるということから女性に人気の増毛商品です。

増毛といえばアートネイチャーが業界では大手の一つです。

タグ

増毛のデメリットについて

今回は、薄毛に悩みやコンプレックスを抱える人に嬉しい対策法である増毛ですが、その「デメリット」について少し書いてみようと思います。

メリットが大きい増毛ですが、もちろんデメリットもあります(^^ゞ

まず髪の毛が伸びるにつれて増毛した部分の結び目が根元からだんだん上に移動してしまって自毛が伸びれば伸びるほどヘアスタイルが崩れてしまうという点ですかね。

こうなってしまうと増毛の結び目を根元の部分に移動させないといけませんから、メンテナンスとしては3か月に一回は増毛を行った機関に通わないといけません。

そして増毛の特徴でもありますが、自毛が残っていない場合には増毛することができませんから増毛をしたいと考えている人は自毛がある人でないとできないというデメリットがあります。

また増毛は自毛1本に対して数本結びつけますから自毛自体が弱っている場合には抜けてしまって薄毛を進行させる恐れがあるということもあります。

増毛した部分は自分でははずすことができませんし、はずす場合には時間が2時間以上はかかってしまいますから増毛をしてもすぐに辞めたいと思った場合には時間もお金もかかることになります。

このように、何点かデメリットがありますね。

もしも薄毛対策として増毛をお考えならば、そのあたりをしっかりと相談しておき不安を解消しておくと良いと思います。

タグ

悩みなんか飛んでいけ!
コンプレックスなんて
飛んでいけ
皆で悩みもコンプレックスも 吹き飛ばそう!