2008年7月の記事一覧:悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ

ヒアルロン酸注入豊胸手術の流れ

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

今回は前回にご紹介したヒアルロン酸注入豊胸手術について実際の手術の流れを「ヒアルロン酸注入豊胸手術の流れ」として、書いてみようと思います。

ヒアルロン酸注入豊胸手術は、切らずにできて安全性も高いため注目を浴びている事は前回ご紹介しましたね。

この豊胸手術は胸は大きくしたいけど、体に傷をつけることには抵抗があるという人に現在とても人気です。

ここでヒアルロン酸注入の豊胸手術の流れをご紹介したいと思います。

<手術前もしくは当日>

  • 手術についてのカウンセリングを受けます
  • カウンセリングでは自分の希望や疑問点・不安点などを話したり説明を聞いたりします。また、胸に入れるヒアルロン酸の量、入れる位置なども決めます。

<手術当日>

  • 麻酔をかけます
  • 注射器でヒアルロン酸を胸に少しずつ注入します(約20~30分)

ヒアルロン酸注入の豊胸手術はシンプルで手術時間が短いため、日帰りすることができます。

また、ヒアルロン酸注入は豊胸バッグを入れるインプラント豊胸手術のようにアフターケアでマッサージをする必要がないのでアフターケアに神経質になる必要はありません。

とはいえシャワーや入浴の時、ワイヤーの入っていないブラの着用など手術後に注意しなければいけないことはもちろんありますので、医師の指示に従ってアフターケアをしましょう。

手軽な豊胸手術として知られているヒアルロン酸注入ですが、メリットもデメリットも確認した上でよく考えてから受けるようにしましょう。

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

ヒアルロン酸注入豊胸手術について

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

前回まで、「インプラント豊胸術」について書いてきましたが、今回からはまた別の方法での豊胸手術について書いてみます。

胸が小さいので豊胸手術をしたいけれど、インプラント豊胸手術のように切ったり傷が残ったりするのには抵抗があり、それでも胸を大きくしたいと思っている女性は多いと思います。

そこで、今回は、切らずに豊胸できる手術、「ヒアルロン酸注入豊胸手術について」ご紹介しようと思います。

切らずに豊胸する手術として注目を浴びているものに注射器でヒアルロン酸を注入するヒアルロン酸注入の豊胸手術があります。

昨今では、このヒアルロン酸注入の豊胸は傷が残らず仕上がりも自然という事でとても人気が出てきており、実際にこの方法を選択する女性が増えています。

また、ヒアルロン酸は体内に存在する成分であるため注入してもアレルギー反応が起こることがほとんどなく安全性が高いといわれています。

また、手術時間が10~20分程度とかなり短時間となっており精神的な負担も今までの豊胸手術と比べだいぶ少なくなっています。

このように多くのメリットがあるヒアルロン酸注入ですがメリットだけではありません。

ヒアルロン酸は体内に存在する成分であるため、少しずつ吸収されていってしまうというデメリットがあります。

そのためヒアルロン酸注入による豊胸を維持する場合は定期的にヒアルロン酸を注入しなければなりません。

ヒアルロン酸注入による豊胸は安全性が高く、精神的負担が少ない豊胸術ではありますが、自分の体に手を加えることに違いはありません。

豊胸手術をする場合はきちんとしたクリニックを選び、カウンセリングをしっかり受けてから実施しましょう。

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

インプラント豊胸手術の流れ

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

前回まで、インプラント豊胸手術についてや、それに利用される豊胸バックについて書いてきましたが、今回は実際に手術の流れについて書いてみようと思います。

数ある豊胸手術の中で最もよく知られ、豊胸手術の代表と言われているインプラント豊胸手術。

人気も実績もある手術ですが、やはり手術内容や流れを知っておくべきだと思います。

それで、少しでも不安な点、疑問点などが解決できれば良いですね。

<手術前>

  • 手術についてのカウンセリングを受けます
    カウンセリングでは自分の希望や疑問点・不安点などを話したり説明を聞いたりします。
    また、胸に入れるインプラント(豊胸バッグ)のサンプルを見たり触ったりして確認します。
  • 手術日と検査日を決めます
  • 手術前に検査を受けます(術前検査)
    術前検査は血液検査、尿検査、心電図などをします。

<手術当日>

  • 診察をします
  • 麻酔をかけます
  • 手術をして胸にインプラントを挿入します(約1時間)
  • 胸をバストバンドで固定します
  • 休憩してから帰宅します

<手術後>

  • 手術の1週間後くらいに抜糸をします
  • マッサージをします
  • バストバンドをはずします(外す時期は個人差があります)

手術後のシャワーは下半身なら翌日からOKです。

インプラントを入れる豊胸手術はアフターケアのマッサージがとても重要です。

クリニックを選ぶときはマッサージ指導やアフターケアがしっかりしているところを選びましょう。

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

豊胸バックの種類

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

今回は、前回ご紹介した「インプラント豊胸手術について」て少しふれましたが、具体的に「豊胸バック」について書いてみようと思います。

豊胸手術の一つとして広く知られているものに胸に豊胸バッグを入れて大きくするインプラント豊胸手術がありますが、この手術で使用されるものを豊胸バックと呼んでいます。

この豊胸手術に使用される豊胸バッグにも色々な種類があり、それぞれ長所・短所がありますので、その点を理解しておく事は大事な事です。

当サイトでは代表的な3種類の豊胸バックについて書いてみます。


<バイオセルバッグ>

バイオセルバッグは3層構造になっているため耐久性に優れており、また拘縮の心配も少ないため安全性にも優れています。

その他バイオセルバッグは仕上がりが自然であるため豊胸バッグとして高い評価を受けています。


<コヒーシブバッグ>

コヒーシブバッグは万が一外膜が破れても内容物が漏れないものとなっており、従来の豊胸バッグと比較し安全性に非常に優れており、豊胸バッグとして多くの場所で採用されています。


<CMCバッグ>

CMCはカルボキシルメチルセルロースを略したものです。

CMCは食品にも含まれている成分であるため、CMCバッグは安全な豊胸バッグとして注目を浴びていました。

また仕上がりも自然であるため多くの人がCMCバッグの豊胸手術を受けていました。

しかし、最近ではその安全性が疑問視されていますので注意しましょう。


以上の3点以外にも豊胸バックはには、「生理食塩水バッグ」、「シリコンバッグ」、「クリスタルバッグ」などさまざまなものがあります。

いずれにしても、安全性をしっかりと確認し、医師と相談し自分に合ったものを選ぶ事が失敗を防ぐためには一番重要な事ですね。

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

インプラント豊胸手術について

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

前回まで、胸の悩み・コンプレックスを抱える女性の皆さんにと「豊胸」について書いてきましたが、思った以上にお問い合わせや質問が多かったので、これからもう少し、「豊胸手術について」詳しく書いてみようと思います。

少しでも、胸に対する悩みを持つ女性の皆さんにヒントになればと思います。

胸が小さくて悩んでいる女性は思っていた以上に多いようですね。

もう少し胸が大きかったら、水着も夏の薄着も温泉旅行も楽しめるのに・・・。

常に胸の事が頭にあって、自分自身の行動に対して制限してしまっている女性が多いようです。

そんな悩みを抱えている女性が注目しているのが豊胸手術です。

一時期は粗悪な手術や豊胸術によって世間に問題視され、豊胸手術=後遺症というイメージになってしまった事は確かな事ですが、現在では手術にはさまざまな方法があり、最もポピュラーなものに豊胸バッグを胸に入れるインプラント豊胸術があります。

インプラント豊胸術にはよく知られているものに大胸筋下法(脇の下を切開し、大胸筋の膜の下にインプラントを挿入)、 乳腺下法(脇の下もしくは乳房の下を切開し乳腺の下にインプラントを挿入)があります。

豊胸術で使用されるインプラントはバッグ、プロテーゼとも呼ばれ、バイオセルバッグ、CMCバッグ、バイオジェルバッグ、コヒーシブシリコンバッグ、ソフトコヒーシブシリコンバッグなどさまざまな種類があります。

インプラントの中身はシリコン、生理食塩水、ハイドロジェルなどがあります。

また形もラウンド型(丸型)、アナトミカル型(しずく型)があります。

豊胸術をするときはしっかりとカウンセリングを受け、使用するインプラントのメリット・デメリットなど確認して自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

不安な点・分からない点は必ず医師に確認し、よく理解してから豊胸術を受けましょう。

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

豊胸に効果?豊胸サプリメント

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

今回は「豊胸に効果?豊胸サプリメント」について書いてみようと思います。

小さい胸に悩む女性は思った以上に多いようです。

そんな女性が望む、バストを大きく豊かに美しくする豊胸。

今までも当サイト「コンプレックスなんて飛んでいけ!」でも、その豊胸手術に関して色々かいてきましたが、やはり一番効果が期待できるのは豊胸手術などを受けることだと思います。

しかし、その豊胸手術自体もメリットばかりではありません。

手術ですから、もちろんデメリットもあります。

身体にメスを入れることに抵抗がある人もおられるでしょうし、豊胸ヒアルロン酸の注入をするのも怖い...という人もおられるでしょう!

そんな女性の方々におすすめなのが豊胸サプリメントと呼ばれる豊胸効果があるサプリメントです。

このような豊胸サプリメントでは、豊胸手術や豊胸ヒアルロン酸注入などの豊胸術と違い痛みなどは伴うことはありません。

しかも、摂取することにより安全に自然に胸を大きくすることができるのです。

では、このようなサプリメントにはどのような成分が含まれているのでしょうか。

豊胸サプリメントは、薬ではありません。

あくまでサプリメントです。

豊胸サプリメントには女性ホルモンと似た働きをする成分や女性ホルモンの分泌を促進する成分が含まれています。

したがって、定期的に摂取することにより自然にバストアップの効果があらわれるというわけです。

しかし、注意してほしい点は、このような豊胸サプリメントを多量に摂取することにより逆に女性ホルモンの分泌がおかしくなってしまうことがあります。

そのため、きちんとそれぞれの豊胸サプリメントごとに決められた量を摂取することが必要です。

豊胸サプリメントに含まれている成分で今一番有名で人気がある成分、それがプエラリア・ミリフィカと呼ばれる成分です。

多くの製品に、このプエラリア・ミリフィカ配合のものが販売されています。

この豊胸サプリメントに多く含まれるプエラリアは、女性ホルモンを活発にする働きのある成分です。

このプエラリアが含まれているサプリメントを摂取することにより、バストにハリが出てきたりボリュームがアップするということになります。

また、このプエラリアが含まれている豊胸サプリメントにはバストアップ以外にも効果が見られます。

それは、女性ホルモンを活発にさせるという働きから生理不順が治ったり、更年期障害などにも効果がみられるといいます。

要するに女性の女性らしさ、「女性」そのものを補佐(強化)する感じですね

豊胸サプリメントには、このプエラリア以外にもイソフラボンが含まれているものなどいろいろな種類のサプリメントがあります。

豊胸サプリメントは、薬ではなくあくまでもサプリメントなので豊胸を願う場合には、このような豊胸サプリメントと豊胸マッサージやエクササイズなど併せて行うことにより、より豊胸の効果が期待できることでしょう。

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

豊胸手術後の後遺症について

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

今回は、豊胸手術で最も心配とされている、「豊胸手術後の後遺症について」書いてみようと思います。

一時期メディアなどで問題にされたイメージが強く、昨今でも豊胸手術=後遺症と思ってしまっている人は多いようです。

どのような手術などにおいても後遺症などはあるものなのですが、豊胸手術のイメージが悪いのは確かな現実のようです。

では、豊胸の手術の場合、後遺症にはどのようなものがあると思われますか?

豊胸術の中で昨今では比較的よく行われる、脂肪注入法での豊胸術の後遺症を考えてみると、まず、大きな点は、もともと自分のものである脂肪を使用するため、アレルギーなどの拒否反応という後遺症は無いようです。

また、実際の脂肪注入の際には専用の注射器を使用するため感染などの後遺症もとても少ないといわれています。

では、この脂肪注入法での後遺症とはどういったものなのでしょうか。

この脂肪注入法では、生着する脂肪の量がとても少ないということが豊胸後遺症の原因となります。

生着されなかった脂肪は、通常溶けて排出されるとされていますが、うまく排出が行われないこともあるのです。

そのような場合に、沈着したカルシウムの影響でしこりが出来たりしてしまうようです。

また、組織が硬くなる繊維化というものが術後に起きてしまった場合には豊胸手術後の後遺症として、乳癌との区別がつきにくくなるということも起きてしまうのです。

しかし、その他の豊胸手術の種類の後遺症というものは昔に比べて本当に少なくなりました。

一昔前までの豊胸術では、シリコンやワセリンなどが多く使われていましたが、その当時には豊胸後の後遺症が本当に多くて問題になりました。

私も報道番組で見た事はあるのですが、それは悲惨な状態でした。

ただ、昨今でも後遺症が少なくなったといっても、もちろん完全になくなったわけではありません。

豊胸手術の場合には身体にメスを入れて切開をして施術を受けるわけですから、傷跡が術前に思っていたよりも残ってしまったなどという豊胸後遺症もあります。

美しくするために受けた手術で、身体に傷を付けてしまうわけですから、患者さんには納得できないようです。

また、豊胸バッグを挿入するような豊胸術の場合には身体の生理機能が働いて、豊胸バッグの周りに被膜が出来てしまい、その結果豊胸バッグが破裂したり劣化するなどの豊胸後遺症なども起こっています。

いずれにしても、後遺症を防ぐためには、きちんと豊胸術前に医師によるカウンセリングなどを受け、自分の身体に適した豊胸術を選択し、手術後のケアなどについてもきちんと行うことが非常に大切です。

また、後遺症の危険性や可能性についても施術前にきちんと医師に説明を受け、そのリスクを知ったうえで施術を受けることが必要です。

さらに、もしも万が一、後遺症のような症状が出た場合には、すぐに手術をうけたクリニックで診察を受けることが重要です。

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

豊胸手術後の注意点

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

今回は「豊胸手術後の注意点について」書いてみようと思います。

女性にとっても一大決心と希望・期待を持って望んだ豊胸手術を受けた後、その手術後の注意点やケアの方法などはどのような事に気を使うべきでしょうか?

豊胸バッグと呼ばれる人工乳腺を豊胸手術によって挿入したいわゆる豊胸バッグを挿入するタイプの豊胸手術の豊胸術後には、きちんとした豊胸術後マッサージというものを行う必要があります。

豊胸バッグという異物を挿入した場合の術後には人体の自然な反応として、その豊胸バッグの周りに被膜ができることになります。

何故このような被膜ができるのかというと、これは身体が豊胸バッグを異物と認識した為に身体を異物から守ろうとするためにおきることです。

術後には豊胸バッグの周りにこのような被膜を作ることにより異物を締め付けて小さくしようとする身体の働きがみられるのです。

もし術後にこのように豊胸バッグの周りに被膜ができた状態で放っておくと、どんどん締め付けられて豊胸バッグの形がゆがんでしまい堅くなることになります。

そのため、豊胸手術後には胸が硬くなるということがおこってくるわけです。

さらに放っておくと最終的にはこの豊胸バッグが破壊されてしまうという事も起こってきてしまっていました。

以上のことから、術後にこのような被膜の豊胸バッグへの抵抗を少なくする目的で豊胸手術後には術後のマッサージを行う必要があるわけです。

このマッサージをきちんと行うことにより術後の豊胸バッグへの被膜の密着を弱め、豊胸バッグを守ることができるのです。

きちんと豊胸術後マッサージをすることが重要です。

豊胸手術後は1週間ほど入浴を控えましょう。

シャワー程度であれば5日後くらいから行っても構わないとされています。

そして、術後の1ケ月~2ケ月程は飲酒や喫煙も控えてください。

術後の傷跡の治り具合に非常に関わってくるのが飲酒や喫煙の為です。

また、術後は1ケ月ほど運動などは控えて安静にしておきましょう。

ブラジャーをつけることも半年くらいは控えるのがふつうです。

また、術後はきちんと医師から出された薬などは忘れずに内服しましょう。

包帯も医師に指定された期間中は外さないようにすることも大切です。

術後のケアをきちんと行うかどうかで豊胸手術後に美しいバストを保つことができるかどうかが、かかっていると思ってください。

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

タグ

豊胸脂肪注入による豊胸手術について

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

豊胸術にもいろいろな方法があります。

今までご紹介してきた「プチ豊胸」のように豊胸ヒアルロン酸を注入する方法とは別に「豊胸バッグ」と呼ばれているものを胸部に挿入する豊胸手術もあります。

また、「豊胸脂肪注入」という豊胸術の方法もあります。

今回はこの、「豊胸脂肪注入による豊胸手術について」書いてみようと思います。

この豊胸脂肪注入の豊胸術は、身体のラインを美しく整えたいと願う女性にとってとても人気のある豊胸術のひとつです。

では、豊胸脂肪注入という豊胸術はどのようなことをする豊胸術なのでしょうか?

皆さんはご存知でしょうか?

この豊胸術では、まず身体の部分で脂肪が気になる部分があるとすると、その部分の脂肪を吸引します。

その次に、その吸引した脂肪を胸に注入することにより、バランスの取れた美しいボディラインに整える、というのが豊胸脂肪注入という豊胸術の方法になります。

この豊胸術では、大幅にバストのサイズをアップさせたいと願っている人には、向かない豊胸術です。

しかし、バストアップと同時に気になる部分の脂肪も取ってしまいたいと思っている女性や、豊胸手術はしてみたいけれど豊胸バッグのような人工的なものを挿入するのは嫌だと思っている人にはおすすめの豊胸術だといえます。

この豊胸脂肪注入を受けた後にはどのような事に気をつければ良いのでしょうか。

豊胸脂肪注入を受けた後は、3週間ほど安静にすることが不可欠とされています。

特に、豊胸脂肪注入をした後は3週間ほど胸をできる限り揺らすことのないように気を配る必要があります。

また、豊胸脂肪注入を受ける場合には、その施術を受ける人により向き不向きがあります。

例えば、豊胸脂肪注入ではまず自分のどこかの身体の部分の脂肪を吸引する必要があります。

そのため、もともと痩せている人などは向いていません。

また、豊胸脂肪注入では吸入して注入したあとの脂肪が胸の部分で根付くことが必要な為、乳腺がもともとほとんど無い人の場合には難しいとされています。

また、豊胸脂肪注入では大幅なバストアップの効果はあまり望むことはできない為、もしも2カップや3カップ程のバストアップを望むのであれば、豊胸脂肪注入の豊胸術は向いていないといえます。

豊胸脂肪注入の最大の長所は術後の痛みが少ないことです。

さらに、豊胸脂肪注入では自分の脂肪を使用するため触った感触がとても自然なので他人に気付かれにくいという点も長所です。

豊胸脂肪注入の短所は、術後の脂肪の生着率にとても個人差があるので大きくなる場合とあまり大きくならない場合があることです。

いずれにしてもメリット・デメリットをよく考え、医師と十分に相談して悩みを取り除いてから行うのがベストではないでしょうか!

 

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

豊胸手術で使用するヒアルロン酸について

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

前回のプチ豊胸は手軽な豊胸手術で少し書きましたが、豊胸手術にヒアルロン酸は有名です。

今回はそのヒアルロン酸について少し書いておきます。

豊胸をしたいと思っている女性は実際に少なくなく、結構な女性がそう思っているようです。

でもやはり豊胸手術となると、身体にメスを入れることになるし気軽には行うことはできません。

しかし、前回ご紹介したプチ豊胸であれば、少し気軽に豊胸をすることができるので現在とても人気となっています。

そのプチ豊胸で使用されるのが、ヒアルロン酸を注入するという術式ということです。

豊胸用のヒアルロン酸、豊胸ヒアルロン酸とは普通のヒアルロン酸に比べて粒子の大きいもののことです。

豊胸ヒアルロン酸が、普通のヒアルロン酸と比べて良い点は、その持続効果の期間にあります。

豊胸ヒアルロン酸ではない普通のヒアルロン酸の場合は半年から1年ほどで体内に吸収されてしまうことが多いので、せっかく豊胸術を受けても効果が長続きしませんでした。

しかし、豊胸ヒアルロン酸の持続効果は2年ほどととても長いので一度豊胸ヒアルロン酸の注入の豊胸術を受ければ長もちするのでとても人気があるのです。

豊胸ヒアルロン酸は、SUB-Qとも呼ばれていて普通のヒアルロン酸よりボリュームが出やすいという特徴を持つものです。

豊胸ヒアルロン酸を使った豊胸術の場合は、普通のヒアルロン酸の2倍の量を注入することになります。

この豊胸ヒアルロン酸を注入するという豊胸術は、メスを使うことのない豊胸術のため豊胸手術に比べて気軽に受けることができます。

また、豊胸ヒアルロン酸を注入する豊胸術の場合には豊胸術を受ける人の希望のバストサイズや形などから注入する豊胸ヒアルロン酸の量やその注入する部分を決めていくことになります。

豊胸ヒアルロン酸の成分は、人体の皮膚や細胞にも存在する成分を使ったものなので身体に悪影響を及ぼす心配はほとんどありません。

また、豊胸ヒアルロン酸を注入するという豊胸術の場合は15分程度の施術で済み日帰りで受けることができるのでとても人気です。

また、この豊胸ヒアルロン酸を注入する豊胸術の場合は、その豊胸術を受けようとする人がボリュームを出したい場所にピンポイントで注入をすることができるため、かなり自由にそのボリューム感などを調節できるようになっています。

普通の豊胸手術と違い豊胸ヒアルロン酸を注入する豊胸術では術後の傷跡などの心配もないので気軽に受けることが出来ます。

しかし、きちんと信頼のできるクリニックでカウンセリングを受けた上で施術を受けることが大切です。

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

プチ豊胸は手軽な豊胸手術

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

今回は手軽にできる豊胸手術として「プチ豊胸」について書いてみます。

昨今は一般的になってやられる方も本当に増えたと感じる整形手術ですが、整形にも「プチ整形」というものがあります。

同じように豊胸手術にも「プチ豊胸」と呼ばれているものがあります。

このプチ豊胸というものは普通の豊胸手術とどこが違うのでしょうか?

また、プチ豊胸のメリット・デメリットはどのようなものでしょうか?

少し簡単に書いて見ます(^^♪

プチ豊胸とは一般的にはメスで身体を切ることのない豊胸術の事をこう呼んでいます。

このプチ豊胸でもっとも有名なものが、SUB-Q注入法というものです。

このSUB-Q注入法というプチ豊胸は、胸部にプチ豊胸のほかにも美容整形などの分野で顔の皺を取ったりする場合に使われているSUB-Qというヒアルロン酸を注入するものです。

普通の豊胸手術であれば、胸部の目立たない部分を切開してそこに豊胸バッグというものを挿入するのですが、プチ豊胸では注射でヒアルロン酸を注入するのです。

プチ豊胸では、150cc~200ccのSUB-Qというヒアルロン酸を注入することにより1カップくらいのバストのサイズアップができます。

プチ豊胸で注入されるヒアルロン酸があまりに多いと今度はバストの形を維持するのが困難になるため、200ccくらいが注入できる限度だといわれています。

では、そのヒアルロン酸注入によるプチ豊胸を行った場合に、どの程度の期間その豊胸効果が続くのでしょうか。

プチ豊胸で今まで使われていた普通のヒアルロン酸の場合は半年から1年くらいが効果の限度とされていました。

それ以上時間が経つとヒアルロン酸が体内に吸収されてしまうためです。

しかし、現在のプチ豊胸でよく使われているSUB-Qというヒアルロン酸の特徴は粒子が普通のヒアルロン酸よりも大きいことです。

このSUB-Qのヒアルロン酸を使ったプチ豊胸の場合には、その豊胸効果の持続期間は大体2年ほどだと言われていて、格段に期間が伸びていることがわかります。

では、このようなプチ豊胸には身体に関する悪影響はないのでしょうか。

プチ豊胸などで使われているヒアルロン酸についてですがヒアルロン酸は身体に対する免疫反応などのアレルギーを起こすことはほとんどないとされています。

しかしながら、やはり身体に異物を入れるわけですので、きちんとした経験や技術のある信頼のおけるクリニックでの施術を受けることが大切です。

しかし、普通の豊胸手術のように身体にメスをいれることのないプチ豊胸は手軽に豊胸ができるということで女性にとても興味をもたれているものです。

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

豊胸手術は、悩める女性の救世主?

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

前回から、女性特有の悩み・コンプレックスとして豊胸に関する事について書いていますが、女性にとって、胸の大きさはさまざまなコンプレックスとなることが多いようです。

小さい胸の人が大きくなりたいと悩むこともありますが、大きい胸の人が大きすぎると悩むこともあります。

大きい胸だと悩む事は無いんじゃないかと思うのは男性だけです(^^ゞ

しかし、やはり一般的には小さい胸の人が大きい胸になりたいと悩むことが多いようです。

では、その悩み・コンプレックスの解決策にはどのようなものがあるのでしょうか?

そんな時にやはり気になるのが豊胸手術という方法では無いでしょうか?

という事で、今回は豊胸手術とはどのようなことをする手術なのかという事を書いてみようと思います。

豊胸手術とは名前の通り胸を豊かにする手術...つまり、小さい胸を大きくする手術のことをいいます。

豊胸手術では豊胸バッグと呼ばれるものを胸部に入れることで小さい胸を大きく美しい胸にすることができます。

この豊胸手術で使われる豊胸バッグとは「人工乳腺」とも呼ばれているもので、この手術は「人工乳腺法」と呼ばれる手術になります。

この人工乳腺法と呼ばれている豊胸手術では乳腺を傷つけることがありません。

そのため、手術をした後に妊娠した場合や授乳をする場合などに影響がない方法となっています。

この豊胸手術は脇の下の目立ちにくい場所を少しだけ切り開き、そこに豊胸バッグを挿入するという手術になります。

手術を受けた後しばらくは切開した部分に少しだけ傷跡が残ります。

しかし、時間と共にその傷跡は目立たなくなるので安心です。

豊胸手術の際に豊胸バッグを入れる場所によって二つの方法があります。

乳腺の下の大胸筋に豊胸バッグを入れるという豊胸手術を大胸筋下法といいます。

この豊胸手術が向いているのは痩せている人や胸の小さい人です。

もう一つの豊胸手術が、乳腺下法という名前の豊胸手術で、この豊胸手術では大胸筋の上の乳腺の下あたりに豊胸バッグを入れる方法がとられています。

この豊胸手術は比較的胸が大きめな人に向いている豊胸手術で、出産や授乳の経験があり胸が垂れ気味な人にもおすすめの豊胸手術です。

このような豊胸手術をすることにより身体への影響を心配するひとも多いと思います。

しかし、豊胸手術で使用されている豊胸バッグは人体への害がないものなので安全なものとして安心して豊胸手術を受けることができます。

しかし、やはり身体にメスを入れる手術であるので、きちんとした経験を持つクリニックを選んで豊胸手術を受けることが大切だといえます。

豊胸手術を受けることで小さい胸がコンプレックスで暗くなりがちな女性が明るく元気な性格になる場合も少なくありません。

豊胸手術は、悩める女性の救世主です。

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

バストアップは女性の悩み?

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

前回まで、男性特有のコンプレックスについて書いてまいりましたが、今回からは女性特有のコンプレックスをコンプレックス女性版として書いてみようと思います。

女性の悩み・コンプレックスといえばやはりバストでは無いでしょうか?

ということで、何回かに分けてバストアップや豊胸について書いてみます。

胸の大きさが全てをきめるわけではもちろんありませんが、美しい胸を持ちたいとは女性なら誰もが願うと思います。

豊胸手術などでバストアップをすることも可能ですが、その他の方法でバストアップする事も可能です。

では、バストアップに効果的な方法とはどのようなものがあるのでしょうか。

バストアップとは、ただ単に胸の大きさを大きくするような事だけをさすのではなく、ハリのある美しい胸にすることもバストアップですし、垂れ気味の胸の位置をあげることもバストアップです。

バストアップに効果的なことは、食生活を見直すことや、バストアップのためのエクササイズやバストアップのマッサージなどをすることです。

バストアップを願うなら、まずはバストを美しくするための仕組みを知ることから始めましょう。

大胸筋という部分があります。

この大胸筋を鍛えるエクササイズなどをする事がバストアップに非常に有効なのです。

胸を支えているのが、この大胸筋という筋肉です。

この大胸筋の筋肉が落ちてくることによりバストが垂れてきたりハリがなくなったりするのです。

バストアップに欠かす事ができない大胸筋のエクササイズのやり方は、胸の前で両手を合わせて両肘を平行に上げ、拝むようなかたちをとります。

そして両手をぐっと押して、大胸筋に効いていることを実感するまで続けます。

このバストアップエクササイズをきちんと行うことにより、バストアップに欠かせない大胸筋を鍛えることができ、それにより胸の位置があがったり肌にハリが出てくるということになるのです。

その他には、バストアップにとても有効的な成分を含んだサプリメントなどを摂取するというバストアップの方法もとても人気があります。

そのバストアップの為のサプリメントの中でも一番有名で人気のある成分が、プエラリア・ミリフィカという成分です。

このプエラリア・ミリフィカというバストアップに有効な成分は、女性ホルモンの分泌を活発にする作用があるもので、このことからバストアップにとても良いといわれています。

このように、バストアップには豊胸手術以外にもいろいろなバストアップの方法があります。

一番のバストアップへの確実な近道はもちろん豊胸手術だといえますが、もっと気軽に簡単に自宅で行うことのできるバストアップエクササイズやマッサージ、サプリメントの摂取なども考慮にいれて、自分に一番合うバストアップの方法を選ぶことが良いでしょう。

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

タグ

自分でできる早漏克服法

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

前回まで、男性特有であり、男性にはとても大きな悩みである「早漏について」原因や症状、対策法などを書いてきましたが、今回は最終回ということで、自分でできる早漏克服法について書いておこうと思います。

現在、ネットで最も売れている克服法です。

作者さんが自ら、「セックスのたびに妻から失笑されるほどの超早漏」だったらしいのですが、ある女性とのセックスがキッカケで早漏克服法を発見しそれを発行されたものです。

著者のアダム徳永さんは「スローセックス実践入門」をはじめ多くの本も出されています。

購入者の感想もとても良く、安心の全額返金保障や特典のサポートも万全です。

早漏は男性の悩みの一つですが、パートナーの女性にも、そして二人にとって大きな問題です。

是非、これからの二人のために、 自分でできる早漏克服法 自分でできる早漏克服法試してみてください。

アダム徳永の早漏克服メソッド

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

早漏防止スプレーについて

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
---------------------------------------------------

早漏対策について」で少し書きましたが、 今回は「早漏防止スプレーについて」少し書いてみようと思います。

皆さん、早漏防止スプレーというものをご存知でしょうか?

当サイトでも書いてきましたが、早漏にも色々な対策法がありますが、早漏防止スプレーを使うという方法もあります。

この早漏防止スプレーとは一体どのようなスプレーなのでしょうか?

また、その使用方法はどのようなものでしょうか?

早漏防止スプレーとは、一時的に男性の陰茎の感覚が敏感になるのを抑えることにより、早く射精してしまう症状を防止しようというスプレーです。

この早漏防止スプレーの良い点は、効果が殆ど確実に現れるという点です。

しかし、この早漏防止スプレーの欠点もあります。

それは、その早漏防止スプレーを使用して女性の膣内に挿入することにより今度は女性の膣内の感度まで鈍感になってしまう可能性があるということです。

しかし、この早漏防止スプレーはかなり昔から早漏の防止策として使用されてきていますし、使いやすさなどは早漏防止スプレーとても優れていると思います。

この早漏防止スプレーと同じ様な効果を持つものに早漏防止のコンドームがあります。

この早漏防止コンドームは早漏防止スプレーと同じ効果なのですが、コンドームの内側に一時的に感覚を麻痺させる作用のある薬剤が塗ってあるコンドームのことをいいます。

早漏防止スプレーでは女性の膣内まで鈍感になるということがありましたが、この早漏防止コンドームであれば内側に塗ってあるため男性の感覚のみが鈍感になるということです。

しかし、このような早漏防止スプレーや早漏防止コンドームを使用すると今度は逆に感覚がにぶりすぎてしまってセックスができないという可能性も出てきてしまいます。

早漏防止スプレーなどの早漏防止のグッズを使用するのも、とても早漏対策には良いと思いますが、まずは自分の早漏の原因が何であるのかを調べて、その原因から早漏を治していくということも大切だと思います。

また、早漏を気にするあまり余計に早漏の症状がきつくなったり酷い場合では、勃起しなかったりということもあるので、あまり気にしないことも大切です。

さらに、早漏防止スプレーを使用するのと同時にさまざまな早漏防止のトレーニングなども併用して行うことにより、さらに早漏防止の効果が高まるといえます。

早漏は、完全になおすことはできませんが訓練次第で症状を緩和することはできるのです。

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

悩みなんか飛んでいけ!
コンプレックスなんて
飛んでいけ
皆で悩みもコンプレックスも 吹き飛ばそう!