2008年6月の記事一覧:悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ

早漏のトレーニング法について

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

今回は「早漏のトレーニング法について」ということで、実際に早漏の症状を低減させるためのトレーニング法について書いてみようと思います。

早漏は、一般的には完全に治すことは難しいといわれている症状です。

しかし、そんな早漏の症状を少しでも改善させることはできます。

それが、早漏トレーニング法です。

早漏は、早漏トレーニング法をきちんとすることにより改善します。

早漏には前回書いておりますが、いくつかの原因があります。

そのうちの一つに亀頭の刺激への感覚が敏感になりすぎているということが挙げられます。

そのため、射精感を感じる前に射精してしまうのです。

このような早漏を防ぐためには早漏トレーニングが欠かせません。

例えば、早漏の人というのは自分の射精のタイミングがきちんとつかめていないことが原因となっている場合があります。

そのようなことを防止するために自慰などをして射精をしそうになったら止めて、収まったらまた再開して、また射精をしそうになったら止めて...というこのようなトレーニングをすることが早漏にはとても効果的だといえます。

このような早漏トレーニングをすることにより自分の射精のタイミングをつかむと共に射精のタイミングをうまく自分でコントロールできるようにすることが早漏トレーニングの目的です。

また、他の早漏トレーニングとしては早漏防止のスプレーなどを使用して、ある程度自分の陰茎の感覚を鈍感にしておき、そのうえで上記のような早漏トレーニングとしての自慰をおこなうという早漏トレーニングもあります。

普通の状態での自慰とは違い早漏防止スプレーなどの働きで普段よりかなり鈍感になっているはずですので亀頭への刺激に慣れる意味でも,この早漏トレーニングはとても効果的だといえるでしょう。

焦らずに続けることがポイントです。

また、早漏トレーニングをする際に早漏防止のリングなどをつけて自慰の早漏トレーニングを行うことも大変効果的です。

早漏防止のリングとは射精しそうになったとしてもそのリングをつけていることにより、無理矢理射精を止める働きのあるリングのことです。

また、この早漏防止のリングをつけてパートナーにも協力をしてもらい早漏トレーニングを行うことも良いでしょう。

その場合にも自慰の早漏トレーニングと同じように射精しそうになったら止めて射精しそうになったら止めて...ということをくり返すのがポイントです。

これらの早漏トレーニングを根気良く続けて行くことにより早い人では1ケ月ほどで以前の自分よりも射精までの時間が長くなったことに気付く場合もあるようです。


----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

早漏の原因について

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

前回まで、男性特有のコンプレックスとして「早漏」について書いてきていますが、対策や治療について先に書いてしまいました。

順番が逆になりますが、今回は「早漏の原因について」書いてみようと思います。

早漏の原因を理解する事で、治療したり防止したりする場合でも効果に違いが出てきますから、しっかり原因を理解しておく事は大切です。

では、早漏の原因にはどのようなものがあるのでしょうか?

一つの要因ではなく、いろいろな要因があると言われています。

精神的なものが早漏の原因になっている場合もあれば、全身の疾患が早漏の原因になっている場合もあります。

また、加齢が早漏の原因になることもあります。

では、実際に精神的なものが原因の場合は、どんなことが考えられるのでしょうか?

それはまず、ストレスなどの精神的なものが考えられます。

たとえば、昔一度でも早く終わってしまったことがあったとします。

その時は別に早漏の症状ではなかったのかも分かりませんが、次回に性行為を行うときに「また早く終わってしまったらどうしよう」「自分は早漏だ」などと思ってしまうことが早漏の原因の一つになるようです。

また、それが酷くなるとEDになってしまうことも十分に考えられます。

亀頭がとても刺激に敏感すぎるというのも早漏の原因のひとつです。

代表的な例で包茎の人などがそれに当たります。

包茎の人の亀頭は普段は隠れています。

そのために刺激を受けると刺激が強すぎて、すぐに射精してしまうのです。

この早漏の原因の場合には、包茎の治療をすることが早漏の治療になることがあります。

その他の原因としては身体の疾患からくるものがあります。

例えば糖尿病や前立腺に関する疾患など泌尿器系の疾患が早漏の原因になることがあります。

その他、アルコール中毒症なども早漏の原因の一つとして大きなものです。

このような身体の疾患が早漏の原因である場合には、その疾患を治療することが早漏を治すことにつながります。

年をとったことが早漏の原因となることも多々有ります。

加齢により射精のタイミングを自分でコントロールする筋力が衰えて、それが早漏の原因になるのです。

また、EDが早漏の原因になるということも十分に考えられます。

EDは勃起障害でありますから本来早漏とあまり関係ないように思えますが、実はEDの人は性行為のときにどうしても「やっと勃起したのだから早く射精しなくてはまた萎えてしまうかもしれない」と焦りがちなのです。

そのため、あまりにもそう思いつめてしまうことにより早漏になってしまうということがあるのです。

もしもEDが早漏の原因となってしまっている場合であれば、まずはEDの治療をすることが先決だといえます。

多くの場合は,EDの治療薬を服用することでED、そして早漏のどちらも治療できてしまうことが多いようです。

 

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

早漏対策について

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

今回は「早漏対策」について書いていこうと思います。

当サイトで取り上げ書いてきておりますが、早漏の問題は男性にとって大きなコンプレックスの原因となってしまいます。

男性の問題と書いておりますが、男性だけではなくパートナーの女性にとってもセックスで満足が得られない原因が男性の早漏にあるということも十分に考えられます。

では、実際に効果的な早漏対策はあるのでしょうか?

早漏対策のひとつに自分で自慰(オナニー)をしながら射精のタイミングをコントロールできるように訓練していくという早漏対策があります。

これは、自慰をして射精の直前で一旦止めてまたおさまったら再開する...という方法で、この自慰での射精のコントロールの訓練をすることにより実際のセックスにおいても射精のタイミングをコントロールできるようにするという早漏対策です。

その他の対策としては、パートナーの女性に協力をしてもらいながら早漏対策の訓練をするという方法があります。

少し難しいのかもわかりませんが、これは、パートナーと普通にセックスをして射精しそうになったところで抜きパートナーにきつく陰茎を握ってもらうことにより射精衝動をおさえてもらうという早漏対策の訓練です。

何度もこれをくり返して訓練することにより射精までの時間を伸ばすことができるようになるという早漏対策です。

その他の対策としては射精中枢に働きかけて射精を伸ばす作用のある薬を服用するという早漏対策です。

この射精中枢に働きかける薬を服用することにより70%程度の男性に早漏対策の効果が見られるそうです。

しかし、この早漏対策の場合は、せっかく一時的に早漏対策の効果が見られてもまた元に戻ってしまう確率が高いという欠点があります。

その他に、ゼリーとスプレーによる早漏対策というものもあります。

これは、男性の陰茎の感覚を一時的に麻痺させるような作用のあるゼリーやスプレーを使うことにより早漏対策をするものです。

この早漏対策の欠点はこのようなゼリーやスプレーを使用すると男性のみならず女性の膣内の感覚も一時的に麻痺してしまう可能性があるということです。

そのあたりに注意が必要です。

このようにいろいろな方法があります。

しかし、早漏の症状を完全に治すという早漏対策はありません。

早漏対策に一番大切だといえるのは早漏を治すために訓練をするということです。

気長に何度も訓練をして早漏の症状を緩和させるようにしましょう。

また、早漏にはストレスや焦りなどは禁物です。

パートナーにも協力をしてもらいゆっくりと治していきましょう。

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

早漏の治療について

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

前回から男性特有のコンプレックスである「早漏」について書いていますが、今回は「早漏の治療について」という事で、少し書いてみようと思います。

パートナーとの大切なコミュニケーションであるセックスにおいて早漏であるということは男性にはもちろんですが、二人にとってもマイナスをもたらすこともあります。

そんな男性特有のコンプレックスである早漏の治療とはどのような方法があるのでしょうか?

実際に「早漏治療」と呼ばれているものはありますが、実は完全に早漏を治すという治療方法は無いと言われています。

それは、もともと早漏というものが精神的なものや体調などにとても左右されやすい症状のためです。

では、早漏治療と呼ばれる治療とはどのようなことを行っていくのでしょうか?

例えば、亀頭が刺激に敏感である場合には亀頭が刺激に強くなるように早漏治療を行うことはできます。

この治療の方法は亀頭の表面の皮膚を刺激に強いものにするという方法や亀頭にダーマライブという薬を注入するという方法があります。

亀頭の表面の皮膚を刺激に強くするという方法は例えば、包茎の気がある人に行うことができる早漏治療です。

亀頭が露出しにくい包茎のために、刺激に弱いというわけなので早漏治療として亀頭を常に露出した状態にしておくことにより亀頭を刺激に慣れさせるようにするというのが、この治療のねらいです。

早漏治療と共に包茎の治療にもなることになります。

亀頭にダーマライブという薬を注入するという方法は亀頭を増大する治療として行われるものです。

この早漏治療では亀頭に薬を注入することにより亀頭に対する刺激のクッションの役割が期待できるのです。

その結果、早漏治療にもとても有効というわけです。

その他の方法としてはSSRIという薬を服用することによって早漏治療を行うという方法もあります。

このSSRIという薬の服用方法はセックスをする5時間前までに1錠を服用するというものです。

また、できるのであればSSRIの早漏治療の薬と一緒にバイアグラなどのED治療薬も併用すると、さらに効果が感じられることがあります。

この早漏治療の薬のSSRIは実は抗うつ剤として使用されている薬で副作用としてめまいやふらつきなどが挙げられています。

その他の治療方法としては、射精をできるだけ我慢する訓練などをおこなうことにより早漏治療に繋がるというものもあります。

自分に合った早漏治療を見つけて、できるだけ早めに治療をはじめることが重要です。

また、早漏治療には焦りは禁物です。

ゆっくり焦らずに早漏治療をしていきましょう。

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

早漏について

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

前回まで、男性版のコンプレックスということで、「ED」について書いてきましたが、今回からはまた違うコンプレックス男性版として「早漏について」書いてみようと思います。

EDと同じで男性特有の悩みやコンプレックスとしてとても有名で悩む人が多いと言われているのが「早漏」です。

では、具体的に早漏とは、一体どのような症状を言うのでしょうか。

早漏とは、セックスの際に女性の膣内に挿入してから30秒以内または1分半から2分以内に射精をしてしまうという症状のことを早漏といいます。

また、他の定義によればセックスの際に行うピストン運動が10回以内にも関わらず射精をしてしまうという早漏の定義もあります。

また別の早漏の定義によれば時間や回数などは早漏の定義には関係はなく射精反射のコントロールをうまく行うことができないという状態を早漏と呼ぶという定義もあるなど早漏の定義はさまざまなようです。

しかしながら、おおまかな早漏の定義としてはやはり女性の膣内に挿入してから射精までの時間が非常に短い場合を早漏とすることが多いようです。

では、このような早漏の原因というのはどのようなものでしょうか。

早漏の原因と言われていることに自律神経のバランスの崩れがあげられています。

セックスの際の交感神経と副交感神経の切り替わりの早さが早いために射精が早まってしまうというのが早漏のメカニズムです。

早漏に有効な薬といわれているのが「抗うつ剤」です。

抗うつ剤のSSRIという薬を早漏の患者に投与した場合には16秒の射精時間しかもたなかった人が458秒まで伸びたという早漏の改善の報告があるようです。

しかし抗うつ剤の副作用のひとつに勃起不全があるので使用する際には医師の判断が必要です。

また、早漏の他の原因として挙げられるのは陰茎の亀頭部分の感覚が敏感すぎるということがあります。

この早漏はセックスに関する悩みの中でも特に多い悩みのひとつに入るほど男性にとってはデリケートな症状をもつものです。

男性の3人に1人がこの早漏に悩んでいるともいわれています。

早漏には元気が良すぎるために早く射精してしまう場合や包茎が原因となり早漏の状態になってしまう場合EDが原因の場合などがあります。

このような早漏は実はトレーニングをすることにより、いくらかは早漏の症状を緩和することは可能だといわれています。

まずは自分の早漏がどのような原因において早漏になっているのかを知ることが大切です。

早漏の原因がわかったら、早漏を軽くするために早漏のトレーニングなどで訓練をしてみましょう。

また、自分が早漏であるという負い目から余計に早漏の症状が出てしまうことがあります。

あまり思いつめないようにしましょう。

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

自分でできるED対策法

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

前回まで、コンプレックス男性版として、「ED」について書いてきました。

女性には全く理解してもらえない、男性特有の悩みで当人の深刻さはとても大きいものだという事はわかっていただけたと思います。

今回は「ED」の最後として、「自分でできるED対策法」をご紹介しようと思います。

「EDを克服する方法は必ずある!」と断言されており、多くの患者さんが喜びの声をあげている克服法です。

この作成者さんみずからがEDの体験者さんで、実際にはセックスレスから夫婦関係の悪化、離婚まで経験されたそうです。

その、どん底からEDの克服とともに、自信を取り戻され今では幸せな生活をおくられています。

内容は、たった3日間のプログラムです。

できない方はいないと思います。

自分の為だけではなく、大切な彼女・大切な家族のために治しましょう!

限定100部らしいので、お早めに気になる方、克服したい方はこちらへ

↓↓↓

EDを3日で克服した画期的な方法【EDリセット・プログラム】

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

タグ

EDの治療薬について

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

今回は、「EDの治療薬について」ということで、皆さんも一番気になる薬について書いてみようと思います。

症状や原因の時に書きましたが、男性にとって、とてもデリケートな問題があるといえるED。

このEDを治療するための薬として現在では、ED治療薬と呼ばれる薬があります。

では、実際にED治療薬にはどのようなものがあるのでしょうか?

また、ED治療薬はどんな作用があるものなのでしょうか?

まず、ED治療薬として有名なのが「バイアグラ」です。

また、「レビトラ」という薬もED治療薬としては有名です。

この「バイアグラ」というED治療薬はネットなどで闇で売買されるなどしてニュースでも話題となりましたし、男性の間では特に有名なので、名前を聞いたことがある人も多いはずです。

では、このような治療薬は一体どんな薬なのでしょうか。

「バイアグラ」というED治療薬についてお話しましょう。

この「バイアグラ」というED治療薬は、もともとは狭心症などの心臓の治療薬として開発されていた薬です。

しかし、その副作用として勃起させることに効果があるとわかったため今ではED治療薬として使用されていることになります。

つまり、「バイアグラ」は勃起を抑制する作用のある酵素の働きを阻止することができるED治療薬という事で、「バイアグラ」の作用自体が勃起させるというわけではないのです。

このED治療薬の良い点は、重い副作用がないと言われていることです。

そのため、このED治療薬は多くのED患者に処方されている薬です。

しかし、当然の事ですが、このED治療薬を使用するには医師の指示をきちんと守ることが大切です。

このED治療薬は、性行為の一時間前に服用します。

また、過度の飲酒の後の場合には効果が出難いということがあります。

この「バイアグラ」は、とても有名なED治療薬で個人輸入などでも購入することができるED治療薬ですが、きちんとした医師に処方してもらうほうが良いことはもちろんです。

「レビトラ」というED治療薬も「バイアグラ」と同じようなED治療薬で勃起を抑制する作用のある酵素の動きを阻止する効果があるED治療薬です。

この「レビトラ」というED治療薬は「バイアグラ」に比べて速効性があり、持続力にも勝っています。

また、糖尿病や前立腺ガンの手術をした患者にも効果が見られるというED治療薬です。

そして、当然ですがこの「レビトラ」もきちんと医師に処方してもらい用法や用量をしっかり守ることが大切です。

このようにED治療薬は医師に処方してもらえる薬です。

EDに悩んでいるのであれば、医師に相談にいき早めに治療をはじめることが大切ですし、安心だと思います。

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

EDの原因について

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

前回から、男性特有のコンプレックスである「ED」について書いておりますが、今回は原因について書いてみようと思います。

前回の「EDについて」でも書いた事と重複する事もありますが、原因を知る事が悩み解決の第一歩ですのでしっかり把握しておきたいですね。

・なかなか勃起しない。

・せっかく勃起してもすぐに萎えてしまう。

・たまに勃起しないことさえある。

これらのような、男性特有のコンプレックス・悩みとなるED。

では、このEDの原因とはどういうものなのでしょうか?

EDの原因として、まず考えつく代表的なものがストレスによるものです。

ストレスなどの精神的なことがEDの原因になることが多いのです。

ストレスなどがEDの原因になる理由はいくつかあります。

例えば、男性であれば仕事などがとても忙しく、それがストレスとなりEDの原因となる場合が多いようです。

さらに、心理的なストレスが原因という場合もあり、過去に一度でも勃起しなかったことがあったり、性行為の途中で萎えてしまったりした経験があれば、それがEDの原因となることもあります。

準備万端な状態であっても「また前のように勃起しないのではないのか」と余計なことを性行為の途中や前に考えてしまい、それがEDの原因となり勃起しなかったりすることがあります。

また、性行為のときに相手の女性に何か傷つくようなことを言われた経験などがあれば、それもEDの原因に十分なります。

いずれにしても、このようなストレスや精神的なものがEDの原因である場合には、相手の女性の協力もEDの治療には必要だといえます。

その他のEDの原因としては、糖尿病や高血圧などの疾患が考えられます。

喫煙や過度の飲酒、睡眠不足や偏った食生活などの不規則な生活もEDの原因として挙げられています。

ご存知の通り、勃起が起こるには海綿体に血液が流れ込み膨張して硬くなることが必要です。

しかし、糖尿病などの疾患をかかえてしまうと血流を抑えてしまうため海綿体にうまく血液が流れこまなくなるため、EDの原因となってしまうわけです。

その他の原因として薬の副作用というものもあるようです。

これは、うつ病などの患者が服用する薬の中の副作用がEDの原因となることがあるのです。

精神的障害の薬は、交感神経と副交感神経のバランスを不安定にさせることがあるのですが、この働きがEDの原因になってしまうようです。

このようにEDの原因には色々なものが考えられます。

EDであると自覚したら、まず自分のEDの原因はどのようなものかを調べてみる事から始めましょう。

ストレスが原因なのか、なにかの疾患が原因であるのか,また薬の副作用か...。

そして、そのうえでEDの治療を行うことがEDの治療として最も大切なことだといえます。

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

EDについて

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

今回からは、また新しいコンプレックスについて書いて行こうとおもいます。

新しいテーマは「コンプレックス男性版」として、男性特有のコンプレックスについてです。

男性特有のコンプレックスとして代表的なものに「ED」がありますね(^^ゞ

まずは、「EDについて」ご紹介していきます。

皆さん、「ED」という病名をきいたことはあるでしょうか?

この「ED」は,昨今では多くの男性に起こる可能性がある病気と言われ実際に悩んでいる方も年々増加していっているそうです。

では、「ED」とはどのような病気でしょうか?

「ED」とは「Erectile Dysfunction」の頭文字をとったもので、『イーディ』と読みます。

「ED」の意味は、「勃起障害」「勃起不全」です。

このように言うと全く勃起が出来ない病気のようにとられがちなのですが実際はそうではありません。

「ED」の症状は、

・勃起するのにとても時間がかかってしまう。

・勃起したけれども途中で萎えてしまう。

・たまに勃起しないこともある。

のような男性特有の悩みのもととなる症状です。

一般的にはご年輩の方々の方が多いようですが、「ED」は若い人にも起こりうる病気なのです。

では、何故「ED」は起こるのでしょうか?

「ED」は、ストレスなどが原因で起こることが多い病気です。

仕事などで強いストレスがあったりすると、「ED」になってしまうことがあります。

また、一度セックスで勃起しなかったりしたことにより相手の女性に責められたり、もしくは自分がひどく落ち込んでしまった...などという経験がある人であれば、次回のセックスのときにも「また失敗するんではないか」と考えてしまい、そのことがストレスとなって「ED」になってしまうことも多いようです。

その他にも

・食事が不規則で栄養が不足している。

・運動不足。

・毎日過度の飲酒

・タバコを多く吸う人

・糖尿病や高血圧などの生活習慣病にかかっている

などなど、「ED」の原因には色々なものがあると言われています。

その中でも、ストレスが原因での「ED」になる人は,20代~40代の比較的若い人たちが多いようです。

そして、脳出血やアルツハイマーなど神経系の病気が原因で「ED」になることもあります。

また、「ED」の原因として前立腺肥大や腎不全などの泌尿器系の疾患による原因も考えられます。

しかし、特に多いと言われるのはやはりストレスからくる「ED」でしょうか。

最近では、「ED」の治療薬もあるので「ED」は治すことができる事も多くなってきました。

しかしながら、やはり心理的な要因が原因となることも多い「ED」ですのでパートナーの女性の協力も「ED」の治療には必要だといえます。

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

自分でできる、あがり症克服

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

前回まで、あがり症についての原因から症状や対処法、おまじないまで(^^ゞ
色々な事をあがり症について書いてきましたが、コンプレックスあがり症としては今回で一応、最後にしようと思います。

もちろん、何か新しい情報などがありましたら、都度書かせてもらいますね。

そして、今回は最後ということで、「自分でできる、あがり症克服」として、現在人気のものを売れ筋ランキング順にご紹介しようと思います。


まず、第1位です♪

スポニチでも紹介され今、一番売れているそうです!!

人と話すと必要以上に緊張してしまい、何も話せなくなり、手足が震え、会社では無能扱いされ、緊張グセがつき、マイナス思考が頭をグルグルまわり、電車に乗るのも緊張してしまい、出社できなくなった著者さんが、今では、セミナー講師、司会・運営をできるようになった究極の方法を、公開しております。

「超あがり症の私でもセミナー講師ができるようになったノウハウ」人前でスラスラ結果を出す人は、こっそり実践している!  人生を変えたい方におくる決定版!


 そして、第2位です♪

あがり症を克服する本当の方法として、滞在意識に溜まったストレスを取り除く事に重点を置き、「新しい自己催眠法」によってあがり症(緊張症、対人緊張、視線緊張を含む)を解消するプログラムです。

あがり症の新しい克服法


そして、第3位です♪

なんと65089人が成功したあがり症克服法。

筆者さんは、「私の克服方法を実践してあがり症を克服できなかった人は36年間で1人もいません。 ですから、あがり症が治らなかった時の事を考える必要はありませんし、絶対に治ります。」と断言されています。

65,089人が成功したプロが伝授するあがり症克服法【限定70名様 極秘DVDセミナー付き】


 


色々な克服法がありますが、皆さん是非自分に合うもので頑張って克服しましょう!!

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

タグ

あがり症におまじない「両手の親指」「左手の薬指」「股覗き」について

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

今回もあがり症に効果あり?といわれている、おまじないをご紹介いたします。

今回はとても簡単なので、一気に3つです(^^♪

■両手の親指

緊張してきたら、両手の親指をかく回、おもいっきりひっぱる。

■左の薬指

緊張してきたら、左手の薬指を右手で握って摩る。

■股覗き

緊張してきたら、自分の股の間から自分の後ろの景色を見る。

スピーチやプレゼン中には難しいですね。

これら以外にも色々なおまじないはあると思いますが、いずれにしても一つでも自分に合うもの、自分が信じる事ができるものがあると、あがり症の症状が出たときに少しでも変化をもたらす事ができるのではないでしょうか?

あがり症の克服は人それぞれで、とても難しい人も実際におられます。

放っておくと重度の鬱病になる可能性もあるといわれておりますので、皆さんも自分にあう方法で是非、克服できるようにしていきたいですね・・・

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

タグ

あがり症におまじない「相手をかぼちゃに」

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

前回から、あがり症に対する「おまじない」をご紹介しておりますが、今回も少し有名?なおまじないです。

■相手をかぼちゃに

緊張する場面の時、相手や観客等を「かぼちゃ」「にんじん」「じゃがいも」のように野菜だと思い込むというもの。

ある人気ボクシング漫画では、猟師の息子が相手を魚と思い込んで緊張をほぐしていましたね。

いずれにしても、かぼちゃや魚にどう思われようが人間は気にならないものですよね~

結局、あがり症の原因ともなる緊張は当サイトでも何度かご紹介しておりますとおり、いくつかの原因があげられますが、やはり人に良く思われたい、人に笑われたくないという事も大きな原因の一つですので、相手をかぼちゃと思い込む事はおまじないとしても良いのでは無いでしょうか?

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

あがり症におまじない「手の平に人の字」

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

今回から、少しあがり症というか緊張したときなどに私が実際にやっている「おまじない」をご紹介しておこうと思います。

あくまで、「おまじない」ですが、一つ何か知っていると精神的にも違いますし、実際に他の事を考えるだけでも良いのだと思います。

まぁ結局は気持ちの持ち方という事ですがね(^^♪

まず、今回はこれは有名な「手の平に人の字」です。

■手の平に「人」という字を3回書いて呑む。

■手の平に「人」という字書いて呑む。これを3回繰り返す場合もある。

簡単ですよね~♪

私は、緊張する場面などの場合は対象の相手を思い浮かべながらその人を呑むイメージでやっています。

やはり、意識する事が大切ですからね・・・

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

あがり症は考え方で対策できる?

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

当サイトでも何度か書いてきておりますとおり、あがり症の克服には考え方、捕らえ方など精神的な対応で克服できる事も多いようです。

人は、緊張しないようにとか、緊張したくないと考えると、逆に緊張してしまいその緊張はどんどん連鎖で大きくなるようです。

何も考えない事ができたら一番なのでしょうが、そうも簡単には出来ないので常に楽観的に客観的な思考に変えていく事ができれば自然に緊張もなくなり「あがり症」を克服できるようになります。

では、あがり症の人とそうでない人の思考の違いはどのようなものなのでしょうか?

以下に例をあげてみます。

【あがり症の人】
・緊張したらどうしよう
・緊張しないように
・成功させなくては
・失敗しないように
・上手くできなかったらどうしよう

【そうでない人】
・緊張してもいい
・失敗してもいい
・どうでもいい?

このような感じでしょうか?

どうですか?

皆さんも緊張し始めたら少し考え方を変えてみるのも良いとおもいます。

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

薬によるあがり症対策

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

前回まで、あがり症の緊張をほぐす方法等について色々書いてきましたが、今回は薬によるあがり症の対策として、あがり症で処方される薬についてご紹介しようと思います。

「あがり症」の薬として処方されるものは、殆どが精神安定剤が利用されるようですね。

精神安定剤と聞くと怖がる方も多く、私も個人的には悪いイメージが先行しているのですが、実際は安全なもののようです。

良く使われるものは

■精神安定剤【SSRI】

■抗コリン薬

■ベンゾジアゼピン系薬物

■サプリメント

です。

簡単に説明を書きますと・・・

■精神安定剤【SSRI】

精神安定剤【SSRI】は体への負担も少なく効果もあると言われている、最近一番利用されている薬です。

しかし、即効性は無く効果が現れるまでに時間がかかるというメリットがあります。

また、人によっては吐き気や目まいを訴える人もいるようです。

■抗コリン薬

神経伝達物質であるアセルコリンの働きを抑制する薬です。

あがり症の原因であるノルアドレナリンが分泌を抑える事ができると言われています。

速効性が期待できるのですが、副作用も起こりやすいようです。

■ベンゾジアゼピン系薬物

ベンゾジアゼピン系の薬物は、あがり症に対する効果は強いと言われています。

速攻性はあり、とても有効的なのですが、使用方法が難しいというデメリットがあるようです。

■サプリメント

薬という訳では無いのですが、「あがり症」の原因とされる緊張、不安、睡眠不足等の症状を緩和するサプリメントの摂取も、「あがり症」には有効と言われています。

 

などですが、どちらにしても医師の指示通りに用法等を守って使用することが、当たり前の事ですが大切です。

上手に使えば、あがり症の対策に効果的です。

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

緊張をほぐす良い方法

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

あがり症の症状の一つでまた、それによりあがり症となってしまう原因ともなるものが、緊張だという事は何度かご説明しましたが、あがり症克服の為に緊張をやわらげることが出来れば克服にも一歩近づく事になります。

昨今では、緊張をほぐす方法として、さまざまなリラックス法が効果があると言われています。

アロマテラピーやリラックス体操というものも、それらの一つにあげられます。

前回まで、あがり症の対策として緊張をほぐすための方法を何点かご紹介してきましたが、今回はどこでも、どの場面でも簡単にできる緊張をほぐす良い方法を一つご紹介しようと思います。

まず、リラックスさせたい部分をイメージします。

そして、それを口に出して言います。

例えば、口を意識して「口の筋肉の力がぬけています・・・」と

それを繰り返し最後には、「ますます抜けています」とか「完全に抜けています」と抜けている感じをイメージします。

これを数回繰り返すだけで、本当に力が抜けているようになります。

私も、何か緊張したりしたときには使ったりしています(^^♪

まぁ暗示やおまじないのようなものですが、緊張している原因の事ばかり考えない。

他の事を考える。

それだけでも大きく変わってくるものですよ。

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

筋肉弛緩法(しかんほう)について

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

前回、あがり症の対策・緊張をほぐす方法として、「腹式呼吸方」をご紹介しましたが、今回も緊張をほぐす方法の一つです。

「筋肉弛緩法(きんにくしかんほう)」についてご紹介しようと思います。

あがり症の代表的症状の一つに緊張がありますが、緊張すると筋肉や体も硬くなり自分で力を抜くのは難しい事もあります。

自分では気付かない事も多いようです。

そんな時は逆に筋肉弛緩法などが有効的です。

では、筋肉弛緩法とはどのように行うのでしょう?

難しく考えてしまいますでしょうが、実際は簡単で緊張をほぐすという事でカイロプラクティック等でもよく利用される方法です。

息を吸いながらある一部の緊張した筋肉などをさらに思いっきり緊張させて、息を吐きながら、その緊張させた部分の力を一気に抜くという方法です。

コツは、力を入れた部分の力を一気に抜くという点だけです。

いつでも簡単にできるので、是非試してみてくださいね~

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

緊張をほぐす腹式呼吸法

「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」へようこそ!!
当ブログでは、さまざまなコンプレックスに関する情報を発信しています。
----------------------------------------------------

今回は『緊張をほぐす腹式呼吸法』について書いてみます。

あがり症の原因でも少し書いておりますが、あがり症は緊張からおきる場合が多いものです。

緊張をほぐす事が出来れば「あがり症」克服には一歩近づくと言えます。

そこで、今回は呼吸法を取り上げてみました。

中でも一番はやはり、腹式呼吸法です。

呼吸を深くし、ゆっくり吐くことで心拍数は下がり緊張をほぐす事ができます。

是非、試してみる価値はあると思います。

【複式呼吸法】
1.お腹の空気を全部出すイメージでお腹を意識しながら、口から息を吐く。

2.次に今度はお腹に空気を入れるイメージでお腹を意識しながら口からたっぷりと息を吸う。

3.これらを繰り返す。

※吸う動作は約5秒で吐く動作はその倍の10秒くらいかけるようにする。

----------------------------------------------------
「悩み解決でコンプレックスなんて飛んでいけ」を読んでいただきありがとうございます!
またのお越しをお待ちしております(^^♪

 

タグ

悩みなんか飛んでいけ!
コンプレックスなんて
飛んでいけ
皆で悩みもコンプレックスも 吹き飛ばそう!